福島瑞穂さん、全く人が集まらなかった野党共同街宣を「オンライン街頭演説」と名付ける!わざわざ街頭に野党幹部を立たせたのはなぜ?


 社民党の福島瑞穂党首は15日、都知事選に出馬する宇都宮健児氏を応援する野党共同の街頭演説について「オンライン街頭演説」とSNSに投稿した。日曜日の昼間に各党の幹部を投入した演説であったが、全く人が集まらなかったことに対する言い訳のようにも聞こえるネーミングだ。
 わざわざ翌日の再投稿しているのが悲しい。


野党幹部の投入ではもう集まらない

 確かに宇都宮健児氏は今回の選挙を「オンライン選挙」と称して、街宣は中継もされていた。しかし、当日の街宣を「オンライン街宣」などとは誰も呼んでいない。福島氏は当日のツイートで「コロナ対策のためオンラインで参加できます」としていたが、わざわざ雨の中街頭に野党幹部を集めたのだから、それなりに足を止めてもらえると予想していたのだろう。

 昨年の桜を見る会追及街宣でも大失敗していることから、野党幹部の投入で人を集めるのはもう難しいのかもしれない。また、同じく都知事選に出馬するれいわ新選組の山本太郎代表が抜群の集客力があるだけに対比されるのは必至だ。

関連:野党合同「桜を見る会追及街宣」が大失敗に終わる!集まったのはマスコミが大半、田村智子のビラ配りは冷たくスルー
関連:毎日新聞「3野党、都知事選の街頭演説解禁」←いえ、解禁されてません!福島瑞穂の投稿には公選法違反の指摘相次ぐ

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲が早くも割れる!須藤元気が山本太郎支持表明「立憲は宇都宮さん支持ですが個人的に山本さんを応援しています」

ラサール石井「持続化給付金を配るシステムはいらない、ボランティアでやる。全部こっちで」完全に仕事をなめた投稿

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP