共産党のダブスタ!ホリエモン新党のポスターをセクハラとして糾弾した池内沙織さん、下着広告の動画をシェアし「いいなぁ。さすがスウェーデン」

政治・社会

 東京都議会議員補欠選挙で、北区に立候補したホリエモン新党のしんどうかな候補のポスターがセクハラ・差別にあたるとして、ツイッターハッシュタグ「#選挙を使ったセクシュアルハラスメントに抗議します」を拡散していた日本共産党の池内沙織前衆院議員が、スウェーデンの下着広告をシェアし「いいなぁ。自分自身であることを、互いに祝福したくなる。さすがスウェーデン。」と投稿するダブスタを披露している。


決めるのは有権者である

 池内氏は30日、しんどうかな候補のポスターについて「女性を差別し続け性的に消費し続けるという宣言と私は受け取った」として批判する投稿を行った。

 翌日には「#選挙を使ったセクシュアルハラスメントに抗議します」のツイッターハッシュタグを作成し拡散を呼び掛けている。

 この運動がしんどうかな候補への過剰な攻撃に発展することを危惧した同党の立花孝志代表は、該当のポスターにNHK撃退シールを上貼りする対応をすることを発表している。

 しんどうかな候補のポスターには賛否あり、筆者もあまり関心できるものではないと思うが、公職選挙法をクリアしている以上は、その賛否は投票行動によって示されるものであり、政党の人間が選挙中にこれを排除する動きを見せたことの方がよほど問題である。

関連:記者「共産党は衆院選でセクハラ初鹿を応援した」小池書記局長「報道されてましたっけ?」記者「されてた」小池「ふーん。総合的判断です」
関連:立川雲水が小池都知事へセクハラ投稿「夜の政局をフル活用で」立川流の名前を汚す愚かな行為


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう