記者「共産党は衆院選でセクハラ初鹿を応援した」小池書記局長「報道されてましたっけ?」記者「されてた」小池「ふーん。総合的判断です」


記者「共産党は衆院選でセクハラ初鹿を応援した」小池書記局長「報道されてましたっけ?」記者「されてた」小池「ふーん。総合的判断です」

 日本共産党の小池晃書記局長は23日の記者会見で、強制わいせつで書類送検された初鹿明博議員を共産党が衆院選で応援したことについて記者から問われ、答えをはぐらかす場面があった。

 記者からは「女性をホテルに連れ込もうとして失敗したような人をなぜ推したのか?」と問われたが、小池書記局長は「その前に報道されてましたっけ?」と誤魔化そうとした。これに対して記者は「(報道)されています」と切り返したが、小池書記局長は「ふうん。まあ総合的判断です」と直前の発言と矛盾する回答をした。記憶も曖昧なのに総合的判断も何もないだろう。


スポンサーリンク

セクハラ問題は政争の具

 初鹿氏のセクハラ問題が最初に報じられたのは2016年12月で、その際に民進党青年局長を辞任し党から厳重注意を受けている。その後、民進党の分裂で立憲民主党と共産党が衆院選で共闘するまでに1年も経っておらず、本当に小池書記局長が初鹿氏の問題を忘れていたなら共産党の認識が疑われる。

 また、初鹿氏が共産党との共闘で比例復活を果たしてから10日も経たず2度目のセクハラ問題が報じられ、党の役職停止処分(6か月)となっている。衆院選の直後の報道であったため、野党の女性問題への認識が問われることとなったが、これを小池書記局長は忘れたというのだろうか。

 野党共闘で応援した議員のセクハラ(強制わいせつ)問題は平気で忘れるのに、その後に起きた財務省のセクハラ問題では烈火のごとく責め立て麻生大臣の辞任を迫ったのは共産党だろう。共産党にとっての女性の人権は政争の具だということがよくわかる。

関連:【動画】立民・福山幹事長、初鹿議員の強制わいせつ容疑を生放送で釈明→マイクボリュームを絞り何も聞こえなくする作戦発動で苦情殺到
関連:小池晃がブーメラン発言「お札の顔を代える前に、首相と財務相の顔を代えた方がいい」志位19年目の独裁

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

日刊ゲンダイの大誤報「カジノ汚職 中国企業パーティーに自民議員」名前の挙がった山下貴司元法相「事実無根、法的措置も」日刊ゲンダイの大誤報「カジノ汚職 中国企業パーティーに自民議員」名前の挙がった山下貴司元法相「事実無根、法的措置も」

民主党大反省会を企画した津村啓介「蓮舫さんに、みっともないことやるなって叱られた」←これとまた合流するんだぞ民主党大反省会を企画した津村啓介「蓮舫さんに、みっともないことやるなって叱られた」←これとまた合流するんだぞ





最近の記事

  1. やったぜ!立憲民主党公式「内閣支持率:続落26%」→残念!2017年の記事でした、有田芳生さんも釣られて投稿
  2. 今井雅人さん森法務大臣の本を掲げ愛を叫ぶ「そのあなた!どこ行っちゃったんですか!」大臣「胸が痛かったです」
  3. 蓮舫さん「匿名で自民党幹部がANAホテルを使わないと公言した」←匿名なのに公言とはこれ如何に?
  4. KSLマガジンvol.9 辻元清美議員の「忘年会で買収疑惑」は誤報!桜を見る会追及ロジックと同じ構図
  5. 岩田健太郎さん「橋本岳さんという方が存在することも今朝初めて知りました」→2月7日に橋下岳副大臣のブログに言及してました
  6. 【動画】野党がまた委員会退席!山尾志桜里議員「ちゃんとした議論がしたい」抵抗むなしく理事に連れ出される
  7. 立憲・石川大我議員「噛まれたら同性愛になる映画」公開停止を求める署名拡散→表現規制だと批判殺到→署名を始めた高校生に責任を擦り付ける
  8. 辻元清美さん質疑中に「石破さん頑張ってやー?」→1分後「総理、失礼だとお叱りを受け私も胸が痛かったです」なんか情緒不安定
  9. 【動画】無責任野党!山井和則議員の質疑でまた退席騒動!委員長の新型コロナ対策の質疑要請を拒否して逃亡
  10. 国民・せき健一郎議員「逆に教えて。日本共産党に暴力と血の歴史があったんですか?」→共産党暴力の歴史が続々寄せられる事態に



最近の投稿

PAGE TOP