【動画】立民・福山幹事長、初鹿議員の強制わいせつ容疑を生放送で釈明→マイクボリュームを絞り何も聞こえなくする作戦発動で苦情殺到


【動画】立民・福山幹事長、初鹿議員の強制わいせつ容疑を生放送で釈明→マイクボリュームを絞り何も聞こえなくする作戦発動で苦情殺到

 立憲民主党の公式ツイッターは16日、ネット生放送の『立憲LIVE Vol.12』に先立ち「野党に言いたいこと」「立憲に聞きたいこと」「幹事長に聞きたいこと」をハッシュタグ”#立憲LIVE”を付けて投稿するよう呼びかけた。

 しかし直後に、同党の初鹿明博衆院議員が強制わいせつ容疑で書類送検されていたことがデイリー新潮に報じられ、この件でハッシュタグは大荒れとなった。
参考:立憲民主党の「初鹿明博代議士」を、警視庁が強制わいせつ容疑で書類送検していた | デイリー新潮

スポンサーリンク

福山幹事長が生放送で釈明

 16日19:00から開始したネット生放送「立憲LIVE」の冒頭で福山哲郎幹事長がこの件について説明をした。しかし、司会の白沢みき氏に比べ福山幹事長のマイクボリュームが番組開始直後から極端に絞られており、ほとんど聞き取れない状況であった。
※ブラウザのボリュームをマックスにするとかろうじて聞こえる

 これには視聴者のクレームが殺到し、ツイッターのハッシュタグがさらに荒れる結果となった。番組後半でツイッターからの意見を取り上げたが、やはり「都合の悪いことは答えない」という意見が多く、司会者に促され再度、福山幹事長が初鹿議員の問題を釈明する場面があった。

 結局、説明をしたところで「捜査を見守る」という定番の逃げであり、与党のスキャンダルを政局にしてきたわりには身内には甘いという印象であった。
 そのほかに視聴者からの意見として「コメント規制する立憲民主党」というものがあったが、司会の白沢氏と幹事長は「そんなことしていない」と反論をした。しかし、YouTubeのライブストリームチャットは無効になっており、コメントはできない状態となっていた。(過去の放送でもオフにしている)

 初鹿議員の問題で生放送には視聴者が殺到するものと予想されていたが、最大同時視聴者数でも270名程度であった。これがマックスなら立憲民主党は完全にオワコンかもしれない。

関連:【動画】立民・福山幹事長 ジャパンライフのお中元について「うーん・・・あのう・・・私は・・」とっても不安そう
関連:スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠「10枚来た」初鹿明博議員は団体と写真撮影、支持者(後援会長?)がSNSで参加の謝辞

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

東京新聞・望月記者、女川喜平氏の貧困調査を「出会い系バー通い」と蔑称で呼んでしまう事案発生東京新聞・望月記者、前川喜平氏の貧困調査を「出会い系バー通い」と蔑称で呼んでしまう事案発生

グレタさん「超満員列車でドイツを移動中よ」床に座る姿を投稿→ドイツ鉄道「ファーストクラスに座っていた」→グレタ「ギャー!」グレタさん「超満員列車でドイツを移動中よ」床に座る姿を投稿→ドイツ鉄道「ファーストクラスに座っていた」→グレタ「ギャー!」





最近の記事

  1. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」
  2. 【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由
  3. ノザキのコンビーフ転売に公式「まだ在庫ある。転売品買わないで」→定価以下でも売れなくなり転売ヤーが在庫抱える
  4. 立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ
  5. 東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス
  6. 東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
  7. 【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国共産党のお友達に教えてもらった模様
  8. 【日本共産党】3年で党員の5%が死亡と発表、党員減少の主因は老衰か?
  9. これで国会議員?立憲・塩村文夏「自衛隊中東派遣の審議、閉会中だから逆立ちしても無理」→閣議決定当日、閉会中審査をひらくことで与野党合意
  10. 初鹿明博議員が野党会派を離脱→代わりに入会した笠浩史議員→憲法改正、TPP、原発再稼働に賛成!共産党が嫌い!



最近の投稿

PAGE TOP