グレタさん「超満員列車でドイツを移動中よ」床に座る姿を投稿→ドイツ鉄道「ファーストクラスに座っていた」→グレタ「ギャー!」

グレタさん「超満員列車でドイツを移動中よ」床に座る姿を投稿→ドイツ鉄道「ファーストクラスに座っていた」→グレタ「ギャー!」

 環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが、スペインマドリードで開催されたCOP25からの帰途、ドイツ鉄道に乗車した様子を「超満員列車でドイツを移動中。やっと家に帰るところです!」と床に座る姿とともに投稿した。

 これに対しドイツ鉄道の公式ツイッターが、ファーストクラスでもてなしたのに、床に座った姿を投稿していることに皮肉を込めた投稿をしたことで話題となっている。

ドイツ鉄道はドイツ語版のツイッター公式アカウントでいら立ち気味に反応。「親愛なるグレタさん、気候変動と闘うわれわれ鉄道労働者を支援してくれてありがとう」「ファーストクラス(1等車)であなたをおもてなししたフレンドリーで有能な弊社スタッフについても触れていただけたら良かったです」と投稿した。

 ドイツ鉄道はさらにプレスリリースで、グレタさんら一行は「フランクフルト以降はファーストクラスに座っていた」と補足した。グレタさんはこれに対し再びツイッターで、フランクフルト駅以降は席が見つかったと述べ「問題はなかった」と投稿した。
出典:グレタさん「帰りの列車は超満員」 ドイツ鉄道とツイッターで小競り合い 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News

ドイツ鉄層の実際の投稿

 ドイツ鉄道が実際に投稿したツイートが以下、

 ドイツ鉄道としてはグレタさんの活動に賛同しファーストクラスでもてなしたのに、不自然に床に座る姿を投稿されたのが納得いかなかったのだろう。

不自然なグレタさんの写真

 グレタさんは「超満員」と投稿して床に座っているが、周りには誰もおらず大量の荷物からして同行者が複数人いたはずだが、その同行者の姿も見えない。

 明らかに不自然で、グレタさんのコメントと写真はマッチしていない。これではドイツ鉄道の評判に傷がついてしまう。ドイツ鉄道からの指摘にグレタさんは「列車が超満員ということは、鉄道の旅の需要が高いという素晴らしいしるしだ!」と反論しているが、論点が完全にずれている。

 他国の経済活動やエネルギー政策に文句を言う割には自分は「貸し切りヨット」で移動し、運航のサポートメンバーは飛行機で移動するという矛盾が散々と指摘されたことで「満員電車」への乗車をアピールしたのだろう。しかし実際はファーストクラスでもてなしを受けていたことが暴露され開き直っているようにしか見えない。

関連:野口健さん「僕の表現も大人げなかったのかも」グレタさんの電車移動に「馬車でご移動されてるのかと」投稿が物議
関連:イケメン無罪?環境少女グレタさんがプライベートジェット大好きレオナルド・ディカプリオと相互サポートを約束


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で