餃子の政治利用!立憲民主党が宇都宮で「立憲餃子パーティー」を開催、蒲田では「えだのんの講演を聞いて、蒲田名物羽根つき餃子を食べよう!」の企画


 東京都知事選の投票日に立憲民主党の枝野幸男代表らが「#宇都宮」のハッシュタグで餃子の話題を投稿する公職選挙法の脱法行為を行っていた問題。各方面から批判の声に対して枝野代表は「他意はない」で逃げ切りを図ろうとしているが、立憲民主党が餃子を政治利用するのはこれが初めてではない。

 立憲民主党栃木1区では昨年の3月に「立憲餃子パーティー」を開催している。主催者の渡辺のりよし氏は今年の都知事選当日に「#宇都宮」を投稿したうちのひとり。


枝野代表の講演会で羽根つき餃子

 2018年には東京都第4区総支部長の井戸まさえ氏が「えだのんの講演を聞いて、蒲田名物羽根つき餃子を食べよう!」という企画し開催している。

 2019年の栃木県議選での昼食は「餃子パーティー」だったようだ。

 やはり立憲民主党は党ぐるみで「餃子の政治利用」を行っていたようだ。

 枝野代表は国会で餃子の政治利用について説明する責任がある。

関連:セコい立憲民主党!都知事選投票日に「#宇都宮」で餃子の話題、枝野代表ら関係者が一斉投稿するもトレンド入りせず
関連:協同組合・宇都宮餃子会の公式「少し悲しくなった」立憲民主党の公選法逃れに「宇都宮餃子」を利用され困惑

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

拉致被害者の救出を求める署名を提出した労働組合「UAゼンセン」拉致被害者の松本京子さんは組合の仲間

立憲・塩村あやか議員が通っぽく「いのいち」という言葉を使う→本来の意味は僧侶の隠語「女人と情交関係を交わすこと、天悦におなじ」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP