共同通信が壮大な誤報「東京の新たな感染者238万人」→謝罪「誤った情報を発信してしまい、申し訳ありません」

マスコミ・報道

 共同通信は22日、東京都の新型コロナウイルス新規感染者数について「新たな感染者238万人」と誤った数値で配信したことを謝罪した。実際の新規感染者数は238人であったが、誤って「万人」と誤記していたようだ。


通信社としての役割を果たしていない

 これはツイッターでの配信ミスではなく、元記事のタイトルでも「238万人」となっていたようで、通信社としては致命的なミスと言えるだろう。あまりにも酷いミスとしてSNSで話題となりアーカイブに保存された最終では2万リツイートを超えている。

アーカイブされた最終のもの

 共同通信は近年、通信社としての客観的な事実報道よりも憶測や出典不明の情報を流す傾向が強くなっている。政治家からもたびたび誤報を指摘されているが訂正や謝罪をすることは無かった。今回は明確にミスとわかるものであったことから、早期に訂正と謝罪を行っているが、その他の誤報に関しても同様の対応をして欲しいものだ。

関連:【動画】菅官房長官「失望の声が伝えられたという事実はない」中国への共同批判声明巡る共同通信の報道を完全否定
関連:共同通信の捏造か?「口座ない人は反社勢力、高知市が10万円給付から除外」高知市長「事実無根で看過できない」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で