前川喜平氏が橋下徹氏の番組出演に難癖「何のために呼んだ?上からの圧力か?もう呼ぶな」→橋下「呼ぶなじゃないだろ。お前がこっちに来いと」


 橋本徹元大阪市長は15日、TBS朝の情報番組「グッドラック!」に出演し、前日に放送されたBS-TBS「報道1930」の出演に前川喜平元文科事務次官が苦言を呈してきたことを明かし「呼ぶなじゃないだろ。言論の自由があるんだから。お前がこっちに来いと」と直接対決を申し出た。


橋下氏、前川喜平氏との直接対決を熱望 グッとラック!へ「なんとかお願いします」/芸能/デイリースポーツ online
 「呼ぶなじゃないだろ。言論の自由があるんだから。お前がこっちに来いと」と反論し「すいません、もし『グッとラック!』に来るような形で話があったら、なんとかお願いします。言いたいことが山ほどある」と、「グッとラック!」で前川氏との直接対決を訴えた。

 MCの立川志らくも「前川さんのツイッター上で、上層部の圧力があるのか?と。上層部の政治的思想の圧力で橋下さんを呼ぶわけがない」とバッサリ。「テレビっていうのは基本、数字がとれるかとれないか。橋下さんは数字を取れると思っているから呼んでいる。ある程度数字期待できると」と、前川氏の言う圧力を否定していた。

安全圏から言いたい放題の前川氏

 前川喜平氏は文科事務次官時代に違法な天下り斡旋が問題となり退官、出会い系バーに通っていたことも報じられた。しかし、突如として安倍政権の批判をはじめたことで、これまで前川氏を追及していた野党は手のひらを返して彼を「聖人」として持ち上げた。
 天下り問題や出会い系バーでの「貧困調査」について野党からの追及を逃れた前川氏は、それまで非公開となっていたツイッターを公開し、真偽不明の情報を拡散するなどやりたい放題だ。安倍政権を批判する趣旨の講演会などを多数受ける一方で、思想や意見の異なる相手との論戦を明らかに避けている。

 今回の橋下氏からの対戦要求も無視することが予想され、これからも安全圏から無責任な放言を繰り返すのだろう。

関連:前川喜平さん「君が代を歌わせることが良い教育行政だと勘違いしている都教委」→教育局長時代の前川さん「国歌を斉唱するよう指導、命令に従わない教員は懲戒対象だ」
関連:前川喜平さん「答えたくない質問には、一番もっともらしく聞こえる理由をでっち上げればいい」貧困調査の事ですか?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・小川淳也が差別発言「どういう人間かは生い立ちや環境に規定される」菅新総裁の家庭環境を国会で追及する考え

立憲・海江田万里「自民党の支持率が上がったのは閉店セールに客が集まるようなもの」→新装開店セールに失敗した立憲の負け惜しみ

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP