立憲・田島麻衣子さん「国会がファックス中心で驚愕、時代遅れの議員を公開していけば?」→おたくの安住淳事務所も取材対応はファックスでしたよ


 国会議員がいまだに対面やファックスを重視して国家公務員(官僚)のテレワークができない問題について、立憲民主党の田島麻衣子参議院議員は自身のツイッターで「こうした時代遅れの議員は、公開していったら空気も変わるのでは?」と古い体質を批判した。


安住淳事務所もファックス

 いまどきファックスを重視して、メールすら嫌がるような議員など晒してしまえばいいという意見には筆者も賛成だ。しかし、田島議員はわかっていないようだが我々が取材する際にファックスを求めてくるのは野党議員に多く見られる。

 当サイトで立憲民主党の安住淳国対委員長の事務所に取材を申し入れた際にも、電話での対応を拒否して「FAXでお願いします」と言われたことがある。基本的に当サイトの方針として、こういった悪しき慣習には逆らうようにしているので「固定電話すら必要ないとされるのに今どきファックスですか?せめてメールくらいにしてください」とお願いした。
 この際には安住事務所はメールでの対応を了承してくれたが、結局はメールに返信は無く無視された。当初は事務所スタッフが電話で対応していたが、答えにくい質問であったためファックスやメールに逃げたのだろう。

 田島先生のご希望通り、ファックスを求めてくる古臭い「安住淳」を晒して差し上げました。

関連:取材拒否!立憲・安住国対委員長「ホテル会場費2000円」政治資金パーティー問題に説明責任果たさず逃亡
関連:立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

日刊ゲンダイが菅総理を精神病と診断「パラノイアの類、辞めさせないと国が亡びる」いつものナチス、ヒトラー、精神病シリーズ

立憲民主党公式アカ「説明責任は民主主義の基本です」→逆に石川大我の新宿2丁目警官恫喝の説明を求められてしまう

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP