元朝日新聞記者、五輪開催を広島長崎の原爆投下に例える「世界中のウイルスの集結場。二度の原爆同様歴史に残る」


 IOCのバッハ会長が日本を訪れ菅義偉総理と会談、観客を入れての東京五輪開催への連携を確認した。これに対して元朝日新聞記者のジャーナリスト・佐藤章氏は五輪開催を原爆投下に例え「これで五輪やったら日本は世界中のウイルスの集結場。二度の原爆同様歴史に残る」とツイッターで批判した。


政権批判ならすべてが許される風潮

 歴史の惨劇を矮小化し、政権批判につなげる手法が相次いでいる。自分たちの思い通りにいかないことがあれば二言目には「ナチス、ヒトラー、原爆」とくる。普段は人権だヘイトスピーチだと騒ぐ人たちの、政権批判なら何でも許すというダブスタが左派言論人の言葉を劣化させているのだ。

 こうやって中身も理屈もなく過激な言葉で政権批判をしていれば、新聞社や出版社から仕事を貰えるという甘えもあるのだろう。情けない連中だ。

関連:元朝日新聞記者・佐藤章「1年以内に政権を取ると小沢一郎が明言、五輪は中止、冬のコロナ第3波で菅政権は追い詰められる、見通しは必ず当たる」→本の宣伝でした
関連:元朝日新聞の佐藤章が安倍総理の潰瘍性大腸炎を疑う投稿「主治医筋からの間接情報によればその病名自体怪しい」前日には「この冬コロナ地獄列島と化す」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

知ったかぶり蓮舫、安倍前総理の解散発言に「菅総理への畏敬の念が微塵も感じられない」畏敬の念→神仏や大自然などに対して使う言葉、神羅万象総理だとでも?

【動画】安倍前総理「恥を知りなさい!マイナスのエネルギー持つ野党に与党になる資格は無い」三原じゅん子議員のパーティーで伝説の演説を再現

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP