知ったかぶり蓮舫、安倍前総理の解散発言に「菅総理への畏敬の念が微塵も感じられない」畏敬の念→神仏や大自然などに対して使う言葉、神羅万象総理だとでも?


 立憲民主党の蓮舫参院議員は16日、安倍前総理が衆議院の解散時期について言及したことに対して「菅総理への畏敬の念が微塵も感じられないです」とツイッターで苦言を呈した。


「畏敬の念」の意味を知らない?

 蓮舫氏が使った「畏敬(いけい)の念」という言葉は、主に神仏や大自然など崇高な対象に対して使う言葉であり、日本で人物に対しては使うとすれば皇族に対してくらいだろう。

 菅総理は公選の国会議員の中から選ばれた人物であり、民主主義国家において崇拝する対象ではない。安倍前総理からみて「畏敬の念」ということはありえない。蓮舫氏は立憲民主党が政権を取って枝野代表が総理となった場合、国民に対して枝野氏を市民の力が及ばない絶対君主とする気なのだろうか。

 普段から政府や与党議員への敬意の欠片も無く、ひらすら口汚く罵るだけの蓮舫氏が尊敬や敬意を表す言葉を正しく使えないのは当然ともいえるが。

関連:立憲・塩村あやか議員が通っぽく「いのいち」という言葉を使う→本来の意味は僧侶の隠語「女人と情交関係を交わすこと、天悦におなじ」
関連:悲報!立憲民主党・塩村あやか議員「顎が外れた。再度、顎が外れた」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

社民党の立憲合流組が注文「立憲の党員資格が日本国籍に限られるのは変えるべき」「党大会で日の丸が置かれていた」

元朝日新聞記者、五輪開催を広島長崎の原爆投下に例える「世界中のウイルスの集結場。二度の原爆同様歴史に残る」

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP