立憲民主党新潟県連「ほんの少し許して欲しい」でお馴染みの米山前知事を衆院選新潟5区で推薦してしまう


フジテレビの情報番組でも話題に

 立憲民主党新潟県連は23日、設立大会後初めての常任幹事会を開き、次期衆院選で米山隆一前新潟県知事を新潟5区で推薦することを決めた。米山氏は新潟県知事時代の2018年に、出会い系サービスで知り合った女性と関係を持ち、女性側に一回数万円の金銭を渡していたことが発覚し辞職している。

立憲民主党県連 新潟5区で米山隆一前知事の推薦を決定
新潟5区を巡っては、出馬の意向を表明していた米山隆一前知事がことし9月、立憲民主党県連に推薦願いを提出。
今月15日の野党間協議でも、米山さんで一本化する方針を確認していました。
立憲民主党県連は23日の会合で米山さんの推薦を決め、23日付で党本部に推薦の申請をしたということです。
【立憲民主党県連代表 西村智奈美 衆院議員】
「きょうの決定を受けて、さらに次の総選挙に向けた体制・足場固めをしていきたいと考えています。全県的な戦いをさらに前に進めたい」

問われる立憲民主党の人権意識

 関係を持った女性に金銭を渡している時点で売春行為なのだが、米山氏の弁明の通り恋愛感情があったとしても問題は変わらない。女性との関係に際してお金を支払うという発想が既に女性の人権をないがしろにしている証左だ。

 米山氏は辞任するまで数日の空白について「ほんの少し許して欲しい」と発言したことが今でもネットの話題になることがあるが、関係を持った相手に金銭を渡すような人物が国政政党の推薦を得ることは許しがたい。立憲の人権意識が問われる事案である。

 立憲民主党は2017年の衆院選で、民進党時代にセクハラ疑惑のあった初鹿明博衆院議員(当時)を公認したが、その後に強制わいせつで起訴され批判を浴びている。この時の選挙では共産党も初鹿氏を支援したことが会見で問われ、小池晃書記局長は「総合的な判断」としか答えられなかった。

 野党共闘とは、女性の人権を踏みにじってまですることか。他の野党はこの立憲民主党新潟県連の動きに追随してはいけない。

関連:記者「共産党は衆院選でセクハラ初鹿を応援した」小池書記局長「報道されてましたっけ?」記者「されてた」小池「ふーん。総合的判断です」
関連:米山隆一さんの迷走、ついに終結か「豚泥棒、外国人ではなく同業者の可能性」→ベトナム人逮捕→米「何とも言えないが670頭を捌けない」→解体係を逮捕、覚せい剤所持犯も関与か?→米「私の想像を凌駕していました」

【ご支援をお願いします】
取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

群馬県はGoToイート、トラベル継続 山本一太知事「トラベルにより感染が拡大した事実はほとんどない」

社民党でソロ活動の福島瑞穂さん「女性や若者が主役の政党にしていきたい」←性別や年齢にこだわってる場合か?

最新の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP