立憲・枝野幸男さん「バイデン大統領が誕生する。二度あることは三度ある」過去2回、米・民主党政権誕生の年に政権交代が起きていることに賭ける

政治・社会

 立憲民主党の枝野幸男代表は28日、群馬県高崎市の後援会で、アメリカ大統領選で共和党から民主党に政権が移行した過去2回、日本で非自民の政権が誕生していることを例に挙げ「二度あることは三度ある」と政権交代への夢を膨らませた。

政権交代「二度あることは三度ある」 立憲・枝野氏:朝日新聞デジタル
 (米国で)クリントンさんは1992年の大統領選に勝って、93年に大統領になった。オバマさんは2008年の大統領選に勝って、09年に大統領になった。共和党から民主党に代わった同じ年に細川(護熙)非自民政権ができた。09年は鳩山(由紀夫)政権ができた。

 今年の大統領選で、共和党のトランプさんが負けて、民主党のバイデンさんが勝った。来年、民主党のバイデン大統領が誕生する。「二度あることは三度ある」という言葉がある。来年は非自民政権をつくらないといけない。

偶然に頼るしかない立憲民主党

 総選挙で勝てば総理大臣になる日本の野党第一党党首が、あろうことかアメリカの政権交代に頼るとは情けない。それも確証のない偶然で、ほぼ神頼み状態。こんな能天気な人間が総理になれるわけがない。

 似たような話で亥年の選挙では必ず自民党が苦戦するという定説で「亥年選挙」があるが、これは亥年が春の統一地方選挙と夏の参議院選挙とバッティングすることから集票力が下がるなどの因果関係があるとされるが、アメリカ大統領選と日本の非自民政権交代は因果関係がほぼ無い。また、亥年選挙も安倍政権の2019年で定説が崩れ、自民党が勝利している。

 枝野氏の発言は半分冗談かもしれないが、次期総理の座を狙うには軽すぎる。他国の選挙結果に自分たちが影響されるという、属国のような意識にも捉えられイメージが悪い。枝野氏が閣僚を務めた民主党政権では米・民主党のオバマ氏に完全に舐められ基地問題などでギュウギュウに詰められた過去はもう忘れたのだろうか。

関連:態度最悪!枝野幸男さん、会見で女性記者の質問をねじ伏せる「議事録読んで!」→乃木坂46白石麻衣の卒コンについては饒舌「後継者が育っている」ニヤニヤ
関連:枝野幸男さんがNHK紅白人事に政治介入か「櫻坂が出るならAKBも出していい」丘みどり、島津亜矢もゴリ押し


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で