共産党支部がホームドアに難癖「子どもが入れそうな隙間が、これで駅の安全が守れるのか?」→無事炎上

政治・社会

 JRが導入を進めるホームドアに、日本共産党の世田谷青年支部が「これで駅の安全が守れるのでしょうか?」とツイッターに投稿したことで、ホームドアの目的と構造を理解していないのではないかと批判の声が上がっている。


置き去りにされる視覚障害者の安全

 多くの批判を浴びたことで、日本共産党世田谷青年支部は「誤解がある」として釈明の投稿を行っているが、その説明も事実と異なる解釈でホームドアの現状や構造を理解していない。

 写真のホームドアは軽量化されたもので、ホームの耐久性などを考慮したものだ。ホームドア設置場所となる端部の下には転落事故発生時の退避場所となる空洞があり、従来型のホームドアでは荷重によるホームの維持点検に費用が掛かる。また、急ピッチでの設置に対応するためには軽量化・簡素化による工期短縮も重要なポイントとなっている。
参考:[画像] JR東日本、2020年度は17駅にホームドア整備。踏切には高機能版の障害物検知装置を拡大 (4/7) – トラベル Watch

 また、ホームドアの設置が急がれているのは相次ぐ視覚障害者の転落死亡事故である。故意の線路内侵入を防止することを優先すれば緊急の設置が遅れるだけだ。

 ここまでピンからキリまで勘違いした難癖を、確認もせず投稿して不安だけを煽るのは日本共産党のお家芸でもあるが、名指しされたJRにしてみればいい迷惑で、置き去りにされる視覚障害者の安全もどう考えているのだろうか。

関連:何でも反対!はやぶさ2の帰還に共産党前議員「軍事転用されたら、弾道ミサイル技術となる」
関連:共産党の自作自演「今治の加計学園前に意味不明な歩道橋が!」←市民の安全のため市議会で可決、議会で質問した共産市議がヤラセ投稿

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で