【共通テスト】鼻だしマスクで失格の49歳を逮捕→不正告知後にスマホで動画撮影、トイレに立てこもる

 16日に行われた大学入学共通テストで、マスクから鼻が出ていたのを何度注意され従わず失格となった49歳の受験生が、トイレに立てこもった不退去の疑いで逮捕されていたことがわかった。

共通テストで“鼻マスク” 受験生を不退去の疑いで逮捕 警視庁 | 新型コロナウイルス | NHKニュース
捜査関係者によりますと、この受験生は49歳の男で、別室に移動するよう指示されても自分の席から動かず、最終的に不正を告げられると会場となった大学のトイレに閉じこもったということです。

駆けつけた警察官が出てくるように求めても応じず、警視庁は不退去の疑いでその場で逮捕しました。

擁護した言い訳をする茂木健一郎

 この自称・受験生の失格に関しては脳科学者の茂木健一郎氏などが「これはマスクゲートだ」などと意味不明な言葉で擁護していたが、その後の情報ではこの受験生が席での転ぶなどの迷惑行為をしたり、失格を告げられた後にスマホで動画撮影を開始するなどの迷惑行為があり、他の受験生が部屋を移動する事態となっていた。

 茂木氏は逮捕の事実が判明した後も「入試センター側が想定するべきだった」などと対応を批判し、自身が情報不足のまま擁護していたことに対する言い訳をしている。


 何度注意されても従わないタイプの人間って、茂木さんのことじゃないですかね。

関連:【独自取材】悪意ある報道「中学校でアベノマスクを強要」教育委員会の説明を無視したマスコミと野党のバカ騒ぎ
関連:共産党・田村智子がマスクなしで都議らと大声で歓談、辻元清美と小池晃もマスクなし会談


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で