銀座のクラブに通った自民議員の言い訳「閉店後に陳情を聞いた」→貧困調査庁長官・前川喜平「・・・」

女性が前川喜平に「なぜおじさんは若い女の子が好きなの?」前川「いろいろ物色してみたらいいじゃない」

 緊急事態宣言下の深夜、与党の議員が銀座のクラブに通っていた問題で、週刊新潮に写真を撮られた自民党の松本純・国対委員長は「閉店後のクラブで陳情を聞いた」と説明しているという。

自公衆院議員2人が深夜に銀座のクラブへ、取材に陳謝 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
ニュースサイトのデイリー新潮は26日、自民党の松本純・国会対策委員長代理が18日夜に銀座のクラブなどに通ったと報道。松本氏は閉店後のクラブで陳情を聞いたと説明した。松本氏は「行動自体が軽かったなと反省している。誠に申し訳ない」と語った。

 この言い訳は、前川喜平・元文科事務次官が出会い系バー通いを指摘され「貧困調査だった」と説明したことに通じるものがある。もしかしたら、松本国対委員長もコロナの影響で売り上げが低下する銀座のクラブで貧困調査をしていたのではないだろうか。

いまのところコメントはなし

 与党のことなら必ず批判のツイートをする前川喜平さんが、今のところこの件には一切触れていない。やはり貧困調査のことを蒸し返されることを警戒しているのだろうか?

 国会でも追及されている銀座のクラブ通いには言及をせず、さほど話題になってもいない二階幹事長の秘書がカラオケバーで感染したという話題はリツイートしている。

 こうやって記事でネタにされたら、渋々でもコメントをしてくれるのかもしれないが、この時点で言及しない理由が「貧困調査」であることは間違いなさそうだ。

関連:前川喜平さん、ついに本性を現す「あの連中を皆殺しにしたい」物騒な衝動をツイッターに投稿
関連:前川喜平さん「君が代を歌わせることが良い教育行政だと勘違いしている都教委」→教育局長時代の前川さん「国歌を斉唱するよう指導、命令に従わない教員は懲戒対象だ」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で