絶対に笑ってはいけない!社民党の新ポスター「ひとりを笑うな」「弱音をはける社会へ」ほぼソロ活動の福島みずほ党首が発表

政治・社会

 社民党の福島瑞穂党首は10日の定例会見で、新しいポスターを発表した。通常のポスター2種に加えてウェブ用のポスター2種も同時に発表された。

 通常のポスターで使用するキャッチフレーズは「弱音をはける社会へ。」「答えは現場にある。」ウェブ用のポスターは「ひとりを笑うな。」「変えるって楽しい!」となっている。


ソロ活動中の福島党首が発表

このポスターについて福島党首は「さよなら新自由主義 さよなら自己責任 こんにちは社民党」と説明しているが、ちょっと何を言ってるか分からない。

 社民党は立憲民主党との合流協議を巡って離党合流組と残留組に分裂し、福島瑞穂党首と照屋寛徳衆院議員が残留し党を存続させた。しかし、照屋議員は本人の意思としての残留ではなく、引退後の後継候補が社民党の公認を望んだことによる形だけの残留で、党大会では福島党首を厳しく糾弾している。

 こういった経緯から事実上の福島党首のソロ活動となっているが、その社民党が「ひとりを笑うな。」「弱音をはける社会へ」というキャッチフレーズを掲げるのは味わい深い。

 もし、これが社民党としてのギャグセンスなのであれば大したものだが、おそらく何も考えていない天然だろう。

関連:福島瑞穂「社民党は男女半々、そんな政党を目指す」→国会議員は女性1名・男性1名、既に達成していた
関連:社民党の立憲合流組が注文「立憲の党員資格が日本国籍に限られるのは変えるべき」「党大会で日の丸が置かれていた」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で