森氏発言問題に女子サッカー日本代表の岩淵「あれだけを取り上げる日本のメディアを、自分はあまり好きになれない」

政治・社会

 女子サッカー日本代表のFW岩渕真奈が12日、時事通信のオンラインインタビューに応じ、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の発言について「良くはない発言だったと思う」としながら、マスコミの過剰なバッシングについては「あれだけを取り上げる日本のメディアを、自分はあまり好きになれない」と話した。

岩渕「ちょっと残念」 森会長辞任の騒動受け―女子サッカー日本代表:時事ドットコム
 岩渕は、森氏の発言が「良くはない発言だったと思う」と前置きした上で、「あれだけを取り上げる日本のメディアを、自分はあまり好きになれない。森さんだからこそやれたこともあったと思うし、それを世の中の人がどれだけ知った中でこういう感じになっているのか、個人的に疑問を抱く」と複雑な思いを語った。

マスコミは選手の代弁者ではない

 これが選手たちの本音でしょう。まるで選手たちの代弁者のように振舞うマスコミとの認識は乖離しており、とにかく中止に追い込みたいという意図が見える形で森氏をバッシングしていることは、選手たちにとって不快でならないのだろう。

 森氏のこれまでの功績を持って発言の是非を問うつもりはないが、岩渕選手がいうように功績を全く無視して森氏がトンデモ人物であるかのように報じることは、これまで森氏に功績に支えられてきた関係者も選手も否定するようなものだ。マスコミがいくら選手の代弁者を騙っても、中止ありきの言説に同調する選手はいないだろう。

関連:沖縄タイムス、逃げ切れず渋々謝罪「#あなたのまわりの森発言、としたことは個人への配慮が足りませんでした」
関連:森会長の後任「女性にするべき」←これが性差別だと気が付かない残念な人たち【マガジン80号】


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で