振り返ればブーメラン!蓮舫さん子供を産むと「ママ」と呼ばれることに違和感を表明→最初の選挙でママフェストを掲げママパパ議連の副会長でした



 立憲民主党の蓮舫代表代行は25日、選択的夫婦別姓について言及する中で、子どもを産むと「ママ」「お母さん」と呼ばれることへの違和感があるとツイートした。


ママフェストを掲げママパパ議連で副会長

 ママという呼称で子供からではなく社会から呼ばれることの違和感は確かにある。下の子が産まれたら名前ではなく「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼ばれることに悩む子もいるだろう。

 一方で蓮舫さんは「ママ」という呼称を自ら掲げて政治家になった人であり、いまさら違和感がどうとか寝言みたいなことを言うのは筋が違う。


 さらに2018年からは超党派で「ママパパ議員連盟」を立ち上げて副会長に就任している。

 自分の過去の発言をいちいち覚えていないとは思うが、せめて政治信条として掲げたことや議連で活動していることは覚えておいて、たまには振り返ってみて欲しい。

 振り返ればそこにブーメラン・・・

関連:蓮舫の長男、野党の国会質問を酷評「いうなれば小学校のHRの時間、○○くんがこんな悪い事していました。謝ってくださーい!というやりとり」
関連:蓮舫が重大なルール違反!総理の施政方針演説原稿を無断でネット公開→自民議員「国会軽視も甚だしい」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で