日清がカップヌードルの「フタ止めシール」廃止を発表 新しいフタの止め方を動画で紹介

政治・社会



 日清食品が4日、カップヌードルのフタ止めシール廃止を発表した。これにより年間33トンのプラスチックが削減できるという。気になる「新しいフタの止め方」についてだが、シール廃止後はフタの折り返し部分が二つになるそうだ。


シール必須という声も

 フタ止めシールの廃止については3日にカップヌードルの公式ツイッターが「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」と投稿したことから惜しむ声がネット上に多数投稿されていた。シールの用途として外装フィルムを剥がすことに利用している人も多いようで、新しいフタの止め方への賛否とは別の議論を呼びそうだ。


 カップヌードルは2008年4月に容器を紙に変更し、シールと外装フィルム以外は燃えるごみとして廃棄できるようになっていた。昨今の環境問題を考えると、プラスチックの仕様を極力避けるのは仕方のないことだが、新しいフタ止め方法がシールを超える安心と信頼を得るには時間がかかりそうだ。

関連:日清戦争!カップヌードルがカレーメシの挑発に激怒「初めてですよ…この私をここまでコケにした即席食品は…私の年間売上は100000000000円です」(フリーザ様風)
関連:マスコミが報じない真実!「お菓子の過剰包装を無くして」署名を集めた高校生、ブルボンに声明で論破されていた


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で