沖縄タイムス・阿部岳記者「政府そのものがネトウヨ。だから中国や韓国を無条件に敵視」

政治・社会



 沖縄タイムスの阿部岳記者が15日、自身のツイッターで「政府そのものがネトウヨ。だから中国や韓国を無条件に敵視し、政府方針を疑う人にレッテルを張る」と投稿したことが話題となっている。


記者としての敗北宣言

 そもそも法案の内容を理解していないことに多くのツッコミを受けているが、新聞記者が法案を批判するにあたって「ネトウヨ」という表現を用いることは記者として敗北宣言をしたようなもの。気に入らないものを攻撃するにあたり、自分たちの正当性を示せないものほど「ネトウヨ」とレッテルを貼りがちだ。ボンヤリとしたイメージで相手を悪く見せようという行為は記者にあるまじきことだ。

 安保法制だ共謀罪だと騒いだ時と同じで、よほどの悪さをしない限り調査対象となっても不利益を被ることなどありえないのだが、それでも反対するのは過激な基地反対運動が法を犯しているという認識があるからだろう。

 新しい法案に異常なまでに警戒する人たちですが、過激な基地反対運動の多くが現行法を犯して行われていることを自覚したほうがいい。

関連:沖縄タイムス・阿部岳記者「為政者にお疲れさまでしたと言わないのが本物の記者」挨拶くらいで質問が甘くなるなら記者を辞めた方がいい
関連:沖縄タイムス、逃げ切れず渋々謝罪「#あなたのまわりの森発言、としたことは個人への配慮が足りませんでした」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で