ツール・ド・フランスで大規模クラッシュ!プラカード掲げた女性と選手が激突→どこの国でもプラカード掲げるやつは迷惑

スポーツ



 26日に開幕したツール・ド・フランス第1ステージで大規模な落車事故が発生した。原因は沿道から中継カメラに向けて自作プラカードを掲げていた女性観客に、後方から来た集団のドイツ選手が激突し落車したことだった。後続の選手も次々落車して数名がリタイヤを余儀なくされ、観客にも複数の負傷者が出ているという。プラカードを掲げた女性観客は現場から逃走しているが、主催者はこの女性を訴える意向を示している。
参考:ツール開幕ステージで大クラッシュ、主催者は観客訴える意向 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

プラカードは何時も迷惑

 プラカードには「おじいちゃんおばあちゃん見てる?」という感じのメッセージが書かれていたようだ。政治的な示威行為ではなく単なるおふざけだったようだが、賠償金はたいへんな金額になるだろう。

 日本では国会でもプラカードを掲げる迷惑な議員がいるが、あれは誰が得をしているのだろうか。デモや演説の現場でもプラカードが使われており、以前は「アベ政治を許さない」と、いたるところで掲げられていた。はっきりいって参加者の自己満足に過ぎず、あれを見て「そうか!安倍は酷いやつなんだな」と思う人はいないだろう。

 結論、プラカード掲げるやつにロクなやつはいない。

関連:海自護衛艦「たかなみ」出港に憲法違反のプラカード→安倍総理「見送る子供の横で、本当に残念だ」維新・足立康史議員の質疑に心境語る
関連:共産党・穀田恵二さん、緊急事態宣言下の国会前で70名デモ「アベ・スガ政治を許さない」「カス総理」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で