町山智浩、自身への批判投稿に「多くが現政権支持なのが興味深い」←これがどれくらい危険かわかる?【マガジン108号】

KSLマガジン



 映画評論家の町山智浩さんが、148円のクッキーを万引した男をコンビニ店員が取り押さえ警察に通報した事件についてツイッターで「148円で警察呼ぶなよ」「自分が店員だったら、148円を自分の財布から出してレジに入れて、おしまいです。誰にも損害はありません」と投稿したことが物議を醸している。

言ってることが無茶苦茶

 町山さんの意図は、148円も払えない貧困であれば逮捕するよりも救いの手を差し伸べて欲しいということだろう。だが、投稿そのものが乱暴で、批判に対する「自分が店員だったら、148円を自分の財布から出してレジに入れて、おしまいです。誰にも損害はありません」という返しがよろしくない。

 明らかにコンビニ店員の損害が発生する。いわゆる末端労働者が少額であっても勤務中に発生したことに金銭的な負担をしてはならないのは常識。小売店における万引き対応は、その先の二次被害も考え必ず警察に通報しなければ、大きな事件に発展することもある。

 そもそも困窮者の救済を小売店に押し付けようという考えがどうがしている。

批判者は現政権支持という危険な思い込み

 案の定、町山さんの投稿は炎上したわけだが、それに対する反応がさらにヤバい。

 「激怒してる人、多くが現政権支持なのが興味深い」という、自身に対する批判を政治的な思想信条や支持政党に結び付けるのは極めて危険な考えです。