追及チーム?東京新聞・望月衣塑子記者のツイッターがロックされる→立憲民主議員「原因の究明が必要。菅政権批判が原因であれば、表現の自由の侵害だ」

政治・社会



 東京新聞の望月衣塑子記者のツイッターアカウントが10日夜、一時的に投稿などの機能が制限される「ロック」状態となった。翌日午前には制限が解除されたが、いいねやリツイートを大量に行ったことが原因と思われる。ロックはツイッター運営が不審な動き(機械的な連続操作など)を検知した場合に行われ、特に違反がなくとも頻繁に起こる。


立憲議員「菅政権批判が原因」

 望月記者のロックのパターンは「不審な操作を検出」というもので、ロックされた当日だけでも大量に「いいね」を押しているようだ。過剰な連続操作や自動化は違反と判定されるが、アカウント乗っ取りによる被害拡大を防ぐ効果もあり、本人による認証を行えばすぐに解除されることがほとんどだ。


 特に珍しい現象ではないのだが、立憲民主党の奥野総一郎衆院議員は「原因の究明が必要。万一、菅政権批判をしていることが原因であれば、表現の自由の侵害だ。」と低レベルな陰謀説を唱えている。


※本記事公開後に投稿を削除、説明や謝罪なし

 こういった投稿が、民間事業者であるツイッター社に対する誹謗中傷だとは思わないのだろうか。当サイトの公式アカウントから指摘を行ったところ、他のアカウントからも批判が殺到している状態であるが奥野議員は無反応だ。

 なんでもかんでも政権批判に結び付けて私企業までに疑惑を吹っかける追及パフォーマンス。我こそが正義と拳を振り上げ無実の民間人までぶっ叩き、それが間違いだと分かっても責任は取らない。

 無責任野党の無責任投稿には"ロック"ではなく"凍結"を。

関連:ついに時空を超えた立憲民主党!総理になることを予見して13年前の長男就職を止めるべきだったと言い出す→議場は爆笑
関連:国内でツイッターを禁止している中国がツイッター社の規制を批判、在アメリカ中国大使館の凍結に反発

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で