小山田圭吾の従兄弟「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」→瞬時に投稿削除して謝罪

エンタメ



 過去のいじめ問題で小山田圭吾が東京オリンピック開会式の楽曲担当を辞任したことについて、従兄弟で音楽プロデューサーの田辺晋太郎(42)が19日、自身のツイッターで「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」と挑発的な投稿を行った。


こういうノリが問題の本質

 田辺氏の投稿は短時間で削除され、投稿について「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした。」との謝罪が行われた。


※アカウントごと削除した模様

 なんというか、こういうノリが小山田氏のいじめ問題の本質だったような気がするのだが、音楽業界でサブカルに傾倒するタイプの人は、そろそろ不謹慎がカッコいいという価値観を捨てた方がいい。

 逆に時代遅れでカッコ悪いよ。

関連:小山田圭吾が五輪楽曲担当を辞任→4日前なのに再編は間に合うのか?それとも製作分はそのまま使用?
関連:太田光が小山田圭吾のいじめ問題を擁護「当時の雑誌が許容、時代の価値観」ちなみにクイックジャパン最新号は「爆笑問題」特集です

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で