埼玉県庁公式アカウント「大野知事から命を救うために」突然の警告に県民は困惑

政治・社会



 埼玉県庁の公式ツイッターアカウントが13日、新型コロナウイルス感染症への警戒を呼び掛けるなかで「大野知事から命を救うために」と題して投稿したことでネットがざわついている。


大野知事は県民にとって危険な人物?

 県庁の投稿には「大野知事から守るの?」「大野知事が襲ってくる?」とツッコミが殺到している。無論、そんなわけはないのだが、文章的に「大野知事から」と「命を救うために」の間に区切りを入れていないので、全く違う意味になっている。

 ちなみに大野知事は元参議院議員(当選2回)で、辞職する前は国民民主党に所属。旧民主党の中では保守寄りで、知事としてはパフォーマンスに走らない堅実な人物である。

 今回の県庁公式の投稿は日本語としてマズかったが、結果的に知事からのお願いがより多くの人に伝わった"結果オーライ"だったのかも知れない。

関連:埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
関連:生放送で小池都知事の二枚舌が暴露される「森田知事も賛成してるから緊急事態宣言延長を求めようと言ってきたが、森田知事には黒岩知事が賛成していると言っていた」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で