【動画】小泉進次郎が菅総理への思い語る「一部の周囲の考えが、あたかも総理の考えのように報じられ反感を買った」

政治・社会



 小泉進次郎環境相は3日の記者会見で、菅義偉総理大臣の実績が評価されず支持率が低下し、党内にも疑心暗鬼が生じていることについて質問を受け「総理では無くて、一部の周囲の考えることが、あたかも総理の考えていることかのように報じられ、総理に対する反感などにつながることは、なんとか正さなければならないという思いがあった」と述べた。
※総裁選不出馬が報じられる直前の会見

 さらに政局に関する質問が相次ぎ、菅総理が変わろうとしていたことを近くで見ていたとして「プロンプターを始める前はずっと下を見ていると叩かれ、プロンプターを始めたら右左を見ていると叩かれた」と例を挙げてマスコミや野党の批判ありきのものの見方について苦言を呈した。

ワクチン接種100万件の突破力を評価

 小泉氏は菅総理の功績や突破力についても高く評価し、ワクチン接種に関して「無理だろうと言われても100万(1日摂取件数)だと言ったのは総理だけ」と実行力も評価されるべきとの考えを示した。

関連:予測されていた菅総理の不出馬、知らなかった野党幹部「とりあえず怒っておこう」慌てふためく姿が哀れ【マガジン125号】
関連:前川喜平さん「総理大臣を選ぶ選挙は自民党総裁選ではなく衆議院総選挙」違います!野党含めた内閣総理大臣指名選挙がある、だが今回は史上初めてのケースになるかも?

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で