サイキック!立憲・枝野代表「自民党の”透視能力”の欠如を痛感」→「統治能力です。訂正して、お詫びいたします」

政治・社会



 立憲民主党の枝野幸男代表は4日、菅総理が突如として総裁選への不出馬を表明したことについて批判をする動画をアップした。この動画内での発言をツイッターで引用した枝野代表は「自民党の透視能力の欠如を痛感します。」と投稿していたが、約3時間後に「※誤字訂正「透視能力」ではなく「統治能力」です。」と訂正のツイートを行った。


統治能力の欠如は野党が重症

 菅総理の言い間違いには厳しかった立憲民主党の代表にしては随分と軽率。だが単純ミスである誤字は良いとして、総裁選と統治能力になにが関係しているというのか。それをいったら合流を巡って長期に渡り混乱し、いまだに共産党との距離感で揉めている立憲民主党には統治能力が無いということになる。

 むしろ関係のない自民党総裁選の行方に右往左往する枝野代表の方が問題で、分かりきっていた総裁選のカレンダーを見ていれば、この時期に総理が交代することは想定できたのではないか。支持率低下中の菅総理で勝手な勝利予測しかしていなかった野党の失策としか言いようがない。

関連:立憲・田嶋要議員「(菅総理の不出馬)枝野さんにはなによりもまず一言、敬意と愛情の言葉を投げかけて欲しかった」
関連:【動画】小泉進次郎が菅総理への思い語る「一部の周囲の考えが、あたかも総理の考えのように報じられ反感を買った」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で