意味不明?立憲・福山幹事長「政権交代とは僕は一言も言ってませんけど?政権を担わせていただければと」

政治・社会



 立憲民主党の福山哲郎幹事長は7日、記者会見で政権交代に関する質問を受けた際に「政権交代とは僕は一言も言ってませんけど?政権を担わせていただければと」と述べた。
 ちょっと何言ってるか意味がわからない。

※テロップで6日となっていますが正しくは7日

枝野代表は「政権交代」を多用

 政権交代を「政権を担う」と言い換えるのは単独過半数が現実的でなく、連立が想定される他党への配慮なのかも知れないが、共産党を連立に入れないと断言した以上は立憲民主党が主体となって「政権交代」を目指していることに変わりないだろう。

 福山氏は「政権交代」という言葉を避けているようだが、枝野代表は度々この言葉を使用しており福山氏自身もツイッターで何度もシェアしている。
参考:from:fuku_tetsu 政権交代 – Twitter検索 / Twitter


 立憲民主党の会見では露骨に一部の記者に不快感を示したり、代表は些細な言葉の綾で声を荒らげる場面も見られる。今回も政権交代という言葉そのものに反応しているのではなく、都合の悪いことを聞いてくるフリーの記者に対する嫌悪感の表れなのかもしれない。

関連:衝撃動画!立憲・枝野代表とフリー記者が大喧嘩 消費増税の中心人物と指摘され「私は中心ではなかった!消費増税で頑張ったひとに失礼だ!」
関連:福山哲郎さん「審議拒否なんかしてないですよ」涙声で官僚の誤字脱字と報道を批判、自己正当化

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で