立憲民主党が退席、大阪府議会「北朝鮮による日本人拉致問題に対する理解を深めるための取り組みを推進する決議」共産党は反対

政治・社会



 11日の大阪府議会本会議に提出された決議案「北朝鮮による日本人拉致問題に対する理解を深めるための取り組みを推進する決議」の採決で、立憲民主党が退席し共産党が反対していたことがわかった。


これが立憲の本音なのか?

 北朝鮮により拉致された横田めぐみさんを題材にしたアニメ「めぐみ」の上映や、北朝鮮人権侵害問題啓発週間作文コンクールへの参加を推進する決議であったが、これに反対する意味が分からない。

 立憲民主党では採決と同じ日の11日に、同党所属の生方幸夫衆院議員が「(横田めぐみさんは)生きていない、自民党議員も拉致生存者はいると思っていない」などと発言し救う会と家族会から抗議を受けている。生方氏は結果的に議員辞職(衆院選不出馬で失職の見込み)となったが、やはりこれが立憲民主党の本音だったのだろうか。

関連:立憲・生方幸夫氏が議員辞職、衆院選にも出馬せず 拉致問題発言で公認を見送られ事実上のクビ
関連:立憲議員「日本は拉致加害国」拉致問題を引き合いに暴言→茂木大臣が激怒「あれだけの非道と同列に語るな」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で