元朝日新聞・鮫島浩の危険な根性論「労基署は労働時間を理由に取材を妨害することも可能」電通の過労自殺に学ばないマスコミ【マガジン150号】

KSLマガジン



 毎度おなじみの元朝日新聞・鮫島浩さん。今年、朝日新聞を早期退社してフリーランスになったばかりですが、またトンデモ記事を配信してしまったようです。

 朝日新聞本社に労働基準監督署の調査が入ったことが「取材を「労働時間」を理由に妨害することも可能」なんだとか。臆面もなく朝日新聞時代の杜撰な勤怠管理を自慢し、早朝から深夜まで仕事をするのが新聞記者のステータスだと思っている節がある。
休日はパソコンを立ち上げるな!時間外労働は上司の命令で行え!〜WEB勤務表に管理され自主性を奪われる新聞記者たち│SAMEJIMA TIMES

フリーと会社員は負担が違う

 こういう昭和の根性論が通じるような世の中ではないし、2015年の電通社員過労自殺事件から何も学んでいないのだろう。時間外でもやりがいのある仕事をしたいという気持ちと、杜撰な勤怠管理は別問題で、これを肯定するのは極めて危険な発想だ。


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう