蓮舫さん「私の批判的言葉は短くよく報道されますが、質疑中の提案は報じない」提案しているのを見たことないしCLPじゃあるまいし

政治・社会



 立憲民主党の蓮舫参院議員は17日、衆院選で落選した同党の川内博史前衆院議員のインタビュー記事をツイッターで引用し「例えば私の予算委員会質問の批判的言葉は短くよく報道されますが、全体で80分の質疑中の提案は報じない。」と自身に関する報道に苦言を呈した。


マスコミを操作することしか考えない

 記事でインタビューに答えている川内氏に関しては、現職であった昨年の国会でそれなりに提案はしてきている。一方でエキセントリックな発言も多く、このインタビューでも自分たちへの批判は「見ていないから」と断定している。反省もなく落選したのは有権者が無知だと言わんばかりの言説は見苦しい。

 では、これに同調する蓮舫氏はどうか?川内氏のような提案もなく、ひたすらヒステリックに政府を批判するばかりで、なんら建設的な質疑は行っていない。せいぜい「窓を開ければいいじゃない」とか「時代はクラウド」「高卒になる」程度のことだろう。このことは自身の長男からも指摘される始末で、立憲民主党が「批判ばかり」と言われる最大の原因を作っているのが蓮舫氏かもしれない。

 また、この期に及んでもメディアに不平不満を述べる所属議員が多いことにも呆れる。立憲民主党が都合の良いメディアに1500万円もの大金を積んでいたことが発覚しているが、そういう禁じ手を使っているからこそ思い通りにならないNHKや民放への不満が募るだろう。

関連:謝ったら負け!蓮舫さんが箱根駅伝観戦の言い訳を投稿「父との思い出の詰まった箱根の宿に、3年ぶりに母と逗留しました」→2年前もここで観戦してました
関連:ブーメラン!蓮舫さん、文通費100万円を批判「あり得ません」→福山幹事長が民主党政権の日割り除外を謝罪「立法府として問題だった」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう