河井案里に人権はないのか?警察のリーク情報を臆面もなく報道するマスコミ、煽るまとめサイトの愚行【マガジン154号】

KSLマガジン

2019年参院選で案里氏を見守る克行氏 筆者撮影

 河井案里元参院議員のニュースがセンセーショナルに報道されている。ここでは何が起きたかを書くことを避けるが、未遂に終わって命に別条がないことを騒ぎ立てれば、社会の反応が悪い形で本人の耳に届くということが全く考慮されていない。

 毎日新聞の報道からも分かるように、捜査関係者が記者クラブ加盟社にリークして報じさせている。後日談としてならまだしも、警察側の求めに応じて速報としてこれを報じるマスコミは完全に腐っている。また、普段からマスコミのそういう体質を批判しながら、結局はその愚かな報道をコピーして、ご丁寧に悪意のコメントまで付けて拡散するまとめサイトは害悪でしかない。

悪質まとめサイトの愚行

 報じるべきかどうかに賛否があるのは認めるが、これが捜査情報のリークであり警察の企図ということはよく考えた方がいい。それこそ権力と報道の適切な距離が問われる問題だ。

 こういう愚かな報道に踊らされ小金を稼いでいるのが悪質まとめサイトであり、どうしてツイッター社がこれらのアカウントを凍結しないのか不思議なくらいだ。


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう