鳩山元総理が政界復帰!東京・神奈川選挙区に候補者擁立、自身は次期衆院選で出馬予定

政治・社会



 鳩山友紀夫元総理は10日、次期衆院選に出馬し政界復帰する意向を表明した。

 東京都内で記者会見を開いた鳩山元総理は、自身の衆院選出馬だけでなく政治団体「共和党」から参院選東京選挙区と神奈川選挙区に候補者を擁立することを発表した。東京選挙区には たむらまな氏、神奈川選挙区には元民主党衆院議員の首藤信彦氏が立候補を表明している。

資金があっても時間がない

 以前から某党のパトロンとして政界復帰は噂されていたが、自身が代表を務める「共和党」での復帰となった。だが衆院選はまだ先のことで、参院選の結果次第ではどうなるかわからない。

 14日までに追加公認を募集しているようだが、週末を含めてわずか4日では募集があったとしても十分な審査はできないだろう。資金面では何の不安もないが、22日の公示まで時間も少なくかなりの苦戦が予想される。

 そもそも誰が政界復帰を望んでいるのかは不明だが、まずは参院選の結果をみるしかない。

関連:習近平の代弁者か?鳩山元総理「台湾有事で日本はミサイル攻撃を受け壊滅の危機となる。台湾独立派を抑えることが日本の生きる道だ」
関連:鳩山友紀夫元総理がゼレンスキー大統領を批判「なぜ彼はロシアの侵攻を止める外交努力をしなかったのか。熱狂の先に平和はない」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう