習近平の代弁者か?鳩山元総理「台湾有事で日本はミサイル攻撃を受け壊滅の危機となる。台湾独立派を抑えることが日本の生きる道だ」

政治・社会



 鳩山友紀夫元総理が4日、安倍晋三元総理が「台湾有事は日本有事」と発言したことについて「台湾有事は日本有事はその通りだが、その時いくら米軍が味方とは言え、日本はミサイル攻撃を受け壊滅の危機となる。台湾の独立派を抑えて台湾有事にさせないことが日本の生きる道である。」と警告するツイッター投稿を行った。完全に習近平の代弁者だ。


北朝鮮の恫喝と大差がない

 ほとんど北朝鮮の「ソウルを火の海に」と同じレベル。

 鳩山さんの言ってることは、中国の軍事力の前に屈して台湾を見捨てろという理屈だ。台湾に中国共産党が進出すれば、次は尖閣諸島どころか与那国、竹富、石垣、多良間、宮古島が取られ沖縄本島は戦場と化す。黙っていれば中国共産党の海洋進出が止められると思ってるならとんだお花畑だ。

 鳩山さんがただのお花畑なら放置しておけばいいが、元総理という地位も考えず中国共産党の代弁者として日本を恫喝しているのは看過できない。中国は脅威ではないと言ったかと思えば、今度は「ミサイル攻撃で日本は壊滅」と言い出すデタラメさの裏に何かあるのではないかと疑わざるを得ない。

関連:鳩山友紀夫の北朝鮮礼賛投稿に長男・紀一郎が苦言「拉致被害者の方々やご家族に辛い想いをさせてしまいかねません」
関連:鳩山由紀夫さん「小さな島国日本は軍事によって外国の軍事攻撃から守ることは不可能。尊敬され信頼される国になるしかない」辺野古移設の功労者がなんか言ってる


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

このサイトを支援する

このサイトをフォローしよう