大久保嘉人さん「腸を潰すイメージでボールの真ん中を蹴れればボールを操れるよ」中村憲剛さん「ちょっと何言ってるかわからない」

スポーツ



 元プロサッカー選手の大久保嘉人氏が13日、ツイッターでシュートの打ち方を動画付きで披露した。大久保氏は「シュートはこうやって打とう。腸を潰すイメージでボールの真ん中を蹴れればボールを操れるよ」と解説しているが、この投稿に同じく元プロサッカー選手の中村憲剛氏は「ちょっと何言ってるかわからない。」と投稿している。


#大久保の言語化

 確かに大久保氏の「腸を潰すイメージ」は何を言ってるか理解不能だが、実際のシュートはゴール右隅に異次元の曲がり方をして正確に突き刺さっているので、それなりの理屈があるのだろう。中村憲剛氏の問いかけに対して大久保氏は「今度、言語化して説明する」と返している。


 中村憲剛氏のハッシュタグ「#大久保の言語化」がなかなか味わい深いが、元日本代表で世界でも活躍した二人なら必ず理解し合えるはずだ。

追記:大久保氏の奥様によると、言語とかそういうものではなく「顔芸」とのこと

関連:なでしこジャパンが国歌斉唱を拒否?→国歌演奏でした デマで自国選手を貶める日本分断工作に注意しましょう【マガジン114号】
関連:森氏発言問題に女子サッカー日本代表の岩淵「あれだけを取り上げる日本のメディアを、自分はあまり好きになれない」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう