デジタル庁がスパイと結託?アニメ「SPY×FAMILY」とマイナカード普及促進でコラボ、ホームページで動画3本を公開中

政治・社会



 河野太郎デジタル大臣は20日、マイナンバーカードの普及促進のため、人気アニメ「SPY×FAMILY」と協力して広報キャンペーンを行うことを発表した。現在、デジタル庁の特設ページでは3本のYouTube動画や登場キャラクターによるマイナンバーカードの説明が公開されている。

スパイがマイナカードを?

オペレーション<札>MISSION1

特設サイトで残りの2本の動画も視聴できます
マイナンバーカード | SPY×FAMILY | デジタル庁

 普及の遅れている10代、20代への訴求を狙っているようだが、小さな子供とアニメを視聴する40代にも発行を促進することが狙いだ。

 重要な情報が洩れるのではないか?と、仕組みを理解していない国民から懸念されるマイナンバーカードのキャンペーンで、スパイを登用することへのツッコミがネット上に溢れているが、これも含めてキャンペーンによる話題性を狙ったものかもしれない。

関連:河野太郎氏の「二重国籍」発言動画は悪質な捏造、前提条件部分を恣意的にカットし事実と異なるキャプションを追加
関連:河野太郎大臣「今晩遅くなるので、会見は金曜日にします」→時事通信「記者会見せず 官邸指示を拒否」指摘受け見出し変更
 

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう