【野党支持者沈黙】立憲会派・小川参院議員の息子に実刑判決、女子小中学生への強制わいせつ致傷など連続6件(保釈中も犯行継続)で懲役たったの4年?


【野党支持者沈黙】立憲会派・小川参院議員の息子に実刑判決、女子小中学生への強制わいせつ致傷など連続6件(保釈中も犯行継続)で懲役たったの4年?

初公判後の日テレ報道

 立憲民主党会派の小川勝也参議院の息子が、女子小中学生6人にわいせつ行為をしようとしてけがをさせた強制わいせつ致傷などの罪に問われた裁判員裁判で、東京地裁は21日、小川遥資被告に懲役4年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。
 裁判長は「7カ月という短期間で6回にわたり犯行に及び、うち4回は保釈中だった」と指弾。「抵抗されにくいという理由で小中学生を狙っており、与えた恐怖感は大きい」と述べた。
※一部で不起訴などもあり報道と裁判で犯行履歴が異なる

参考:小川勝也参院議員の長男に実刑=連続女児わいせつ-東京地裁:時事ドットコム

小川議員が証人として出廷

 10日の初公判では小川勝也参院議員が証人として出廷し、被告の保釈金500万円を全額負担していることなどを検察官から「父親が払えば済むと本人が思うのでは?」と問われ「家族だからです。人には個性があると思いますが、彼の場合は遠回りしてお金をかけて大きくなる」と証言している。

 ちなみにこの初公判の関連ニュースは今でも閲覧可能であるが、小川勝也議員の証言を伝えたニュースは早々に削除され閲覧不能となっている。

連続6件、保釈中も犯行で懲役4年

 裁判では検察側の求刑が5年に対して4年の実刑判決。小川被告は一部の容疑を否認していたが、裁判ではほぼ全面的に検察側の主張が認められた形となる。
 しかし、小川被告は連続6件の犯行と悪質、保釈後も犯行を繰り返しており情状酌量の余地はない。以下が小川被告の犯行と逮捕の履歴だが、これで懲役4年とは軽すぎるのではないか?

2017年
1件目の犯行
10月12日 千代田区内の路上で、わいせつ目的で女子中学生の口を背後からふさぎ、後ろに引き倒して頭を打つなどのけがをさせた(強制わいせつ致傷)
2件目の犯行
10月20日 所沢市の路上で、帰宅途中の小学校低学年の女児2人の体を触りキスをした(強制わいせつ)
3件目の犯行
10月31日 所沢市の路上で、徒歩で帰宅途中の小学校低学年の女児の服をつかんで転倒させる(強制わいせつ)

11月2日最初の逮捕(3件目の容疑)
11月22日2回目の逮捕(2件目の容疑、再逮捕)

保釈される

2018年
3月7日3回目の逮捕(1件目の容疑)

保釈される

4件目の犯行
5月7日 東京都練馬区の路上やマンション敷地内で、帰宅途中だった小学校低学年の女児2人の胸を服の上からつかんだ(強制わいせつ)
5件目の犯行
5月13日 東京都練馬区の路上で、友人らと遊んでいた小学生の女児の胸をつかむ(強制わいせつ)
6件目の犯行
5月14日 帰宅途中の女児の胸をわしづかみにする(強制わいせつ)

6月13日4回目の逮捕(6件目の容疑)
7月19日5回目の逮捕(5件目の容疑、再逮捕)
9月3日6回目の逮捕(4件目の容疑、再逮捕)
※報道をまとめると保釈後に3件の犯行だが、裁判では保釈後の犯行を4件としている

 巷では親子間での性的暴行に対して無罪判決が出たと大騒ぎだが、野党議員の息子に対する判決には抗議どころか言及すらしないダブルスタンダードはいつものことである。

関連:6回目の逮捕!立憲民主党・民友会の小川勝也議員の息子、女児2人の胸をつかんだ疑いで記録更新
関連:女児強制猥褻の民進・小川勝也議員の長男が連続不起訴?事件発覚後も幼稚園経営者懇親会で来賓挨拶

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

共産党市議が放射能デマ「事故後の甲状腺癌29倍、白血病10.8倍」批判受けても反省なく「私を嫌うネトウヨが抗議している」共産党市議が放射能デマ「事故後の甲状腺癌29倍、白血病10.8倍」批判受けても反省なく「私を嫌うネトウヨが抗議している」

フライデー「山本太郎と八嶋智人が殴り合いの乱闘、NHK新選組飲み会を出入り禁止に」→八嶋智人「当事者の僕が言いますが、この記事はデマ」フライデー「山本太郎と八嶋智人が殴り合いの乱闘、NHK新選組飲み会を出入り禁止に」→八嶋智人「当事者の僕が言いますが、この記事はデマ」

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP