立憲ブーメラン・安田真理「アイドル、何でも利用する現政権の節操の無さ」→立憲が元モー娘。擁立「参戦におおいに期待!」


立憲ブーメラン・安田真理「アイドル、何でも利用する現政権の節操の無さ」→立憲が元モー娘。擁立「参戦におおいに期待!」

 立憲民主党が7月の参院選比例に元モーニング娘。の市井紗耶香を擁立すると報じられ、これに対し同党の安田真理(兵庫選挙区予定候補)は「市井さんの参戦におおいに期待」と歓迎する投稿を行った。

お母さんたちの声を届ける市井さんの参戦におおいに期待、多様な声が活かされる政治へ

 しかし、この安田さんはひと月前にこんな投稿もしている。

アイドル利用、イメージ・SNS戦略と…利用できるものは何でも利用する節操のなさ、あざとさに感心します。もはや現政権の目指しているものが、社会や国を良くしよう、この国に暮らす人を豊かにしよう、民主主義を守ろう、ではないようにどうしても見えてしまうのです。#さすが自民党

 与党がやることは許さないが野党がやるのは許すという見事なダブスタであり、民主党系候補特有のブーメラン使いでもある。

スポンサーリンク

立憲こそ客寄せパンダの党

 今回の参院選で、立憲民主党は政治的手腕を度外視してタレント性を重視している。
 その最たるものがこれだ。
政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
 蓮舫を先頭に「筆談ホステス」のプラカードを掲げ町を練り歩いている。無論、これらの活動は政治活動とは言えず期間外の選挙活動で公選法違反である。

 他には元RAG FAIR・奥村政佳(ボイパのおっくん)も擁立しており、福山幹事長が記者から「ファンを当て込んだのか?」と問われ否定したものの、本人は挨拶もないままボイパを披露するという醜態を晒している。


参考:福山哲郎「ボイパの奥村ファンを見込んだ擁立ではない」奥村「ズン、プップ、プシュー!」福山「・・・」

 この他にも現役アナウンサーを擁立するなど”節操がない”ことをやっている。ここにきて元モー娘。の擁立とくれば、もう政治などヤル気がないことは明らかだ。

関連:デタラメ野党共闘!立憲が社民区議を擁立→又市党首激怒→社民山梨県連は支持表明→社民都連は除名処分→立憲が公認取り下げ→無所属で野党統一候補に
関連:これアリですか?立憲民主が女性アナウンサーを放送局所属のまま参院選擁立、放送の中立は保たれるのか?

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす

片山虎之助さん「TVのカメラは恐ろしい。党首討論の映像を見ると私の頭部前半部分の頭髪がないように見える」片山虎之助さん「TVのカメラは恐ろしい。党首討論の映像を見ると私の頭部前半部分の頭髪がないように見える」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  2. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  3. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  4. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  5. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  6. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  7. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ
  8. 冤罪?柴山大臣が高校生の政治談議に「こうした行為は適切?」で大炎上→実際は教師による「洗脳」政治活動に対しての疑問だった
  9. 蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」
  10. 玉城デニー知事、琉球人虐殺発言のロブ・カジワラを見捨てる「意見を申し述べる立場にはない」→半年前に県庁で面談「世界に伝えてくれて感謝」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP