片山虎之助さん「TVのカメラは恐ろしい。党首討論の映像を見ると私の頭部前半部分の頭髪がないように見える」

政治・社会

片山虎之助さん「TVのカメラは恐ろしい。党首討論の映像を見ると私の頭部前半部分の頭髪がないように見える」

 日本維新の会の片山虎之助共同代表は25日、自身が党首討論に立った際のニュース映像に関し「頭部の前半部分の頭髪がないように見える」「TVのカメラは恐ろしい」とツイートした。

TVのカメラは恐ろしい。「党首討論」は短い時間ですけれども、それがニュース等他の番組に何度も流されます。その映像を見ると、私の頭部の前半部分の頭髪がないように見える、まるで別人で驚きました。ニュースを見た行きつけの床屋さんが、直前に来ればうまくやって上げたのに、と洩らしたそうです。


野党で唯一「解散」に言及し注目

 片山代表が注目された理由は、19日の党首討論で唯一「解散」について総理に質したからだ。

 野党各党は衆参ダブル選挙となることを恐れ、総理に対して解散の可能性を聞くことさえできなかったのだ。過去には民主党政権末期に当時の野田総理が安倍総裁との討論中に「解散」の言葉を引き出され、間もなく衆議院は解散し民主党は政権から転落し2度目の安倍政権誕生となった。
 これに臆さず片山共同代表が「解散」について質問し、総理から「頭の片隅にもない」との回答を得たのだが、それが分かった途端、立憲民主党や共産党は解散の引き金となることを恐れて渋っていた内閣不信任決議案を提出するという格好の悪いことをしているのだ。

 安倍政権を倒す!と毎日のように叫んでいる野党が、政権選択選挙である衆議院選挙を恐れているという、何とも切なくなるようなエピソードである。

関連:首相の解散風発言に福山哲郎「解散権は首相にあり、それが気まぐれだと?」→数日前の枝野幸男「私が解散権を持っている」
関連:デタラメ!立憲民主・阿部知子議員、不信任決議案の対象者を理解しないまま賛成票を投じていた疑惑が浮上

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で