なぜか炎上する蓮舫「韓国の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求める。」→志葉玲「あー」


なぜか炎上する蓮舫「韓国の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求める。」→志葉玲「あー」

 韓国政府が22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定を行ったことに対し、立憲民主党の蓮舫副代表は「韓国政府の一方的な措置に強い抗議を」と韓国政府の誤った判断との認識を示し、アメリカが抗議していることに理解を示した。

韓国政府の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求めます。アメリカ政府が異例な抗議を表明するも当然のことと思います。

 日本の国会議員として至極真っ当な意見であるが、立憲民主党など野党支持者からは「残念」「加害国は日本」など批判が相次ぎ炎上状態となっている。

スポンサーリンク

国益よりアベ憎しの志葉玲が参戦

 なぜ蓮舫氏の投稿が炎上するのか理解に苦しむが、批判コメントの中で最も的外れなのがジャーナリストの志葉玲だ。見ているこっちが恥ずかしくなる。

 立憲民主党の談話は「安倍政権に塩を送る」ような内容ではない。無論、蓮舫氏のコメントも同様に。
 国内政治で野党は常に政権を監視し批判をするが、それによって政府も批判されないような政治を行おうとする。外交においても対応や手法を批判するが、他国との対立関係が鮮明となり日本の国益を削ぎに来た場合は野党であっても日本の国益を守るための主張を行うのは当然だ。
 この当然の主張を「安倍政権に塩を送る」と批判する志葉玲は「韓国に塩を送っている」ことになる。他国に利する言説で自国の政権を貶める外観誘致的な発想と言ってよいだろう。

 立憲民主党の談話や蓮舫氏のコメントを冷静に読めば、韓国の判断を批判しつつ日本政府に適切な対応を求めるもので、メディアの翼賛報道に流されたなどと批判されるようなものではない。
 ジャーナリストとして権力を監視するのは結構だが、政権批判のために他国に利する行為をするのは工作活動でありジャーナリストの仕事ではない。

関連:【アベガー!発症】志葉玲、広河隆一の性暴力に政権批判を絡め炎上!同業者からも疑問の声が相次ぐ事態に
関連:「蓮舫議員終了のお知らせ、蓮舫法案(国会議員の二重国籍禁止)27日に提出」悪質なフェイクニュース

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

旭日旗Tシャツの米国モデルと韓国ネチズンがバトル→ジョン・レノン息子「旭日旗を見ると子供のころを思い出す。アジアのナチスとか馬鹿げてる」旭日旗Tシャツの米国モデルと韓国ネチズンがバトル→ジョン・レノン息子「旭日旗を見ると子供のころを思い出す。アジアのナチスとか馬鹿げてる」

伝書鳩の鳩山由紀夫「北朝鮮のそれなりの方」に代わって日本を脅す「いざ米朝が戦うとなれば基地を狙うしかない」伝書鳩の鳩山由紀夫「北朝鮮のそれなりの方」に代わって日本を脅す「いざ米朝が戦うとなれば基地を狙うしかない」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 立民・塩村文夏はネトウヨ「米軍が沖縄から撤退すれば外国が日本にミサイル撃ち込む、国民はギャースカ逃げ回る」過去の投稿が発掘される
  2. 独自スクープ!前夜祭のホテル「野党に比較見積もり出してない、宴会は5千円でも可能」→見積書公開の議員事務所が別物と認める
  3. NHKがファーウェイの新型スマホを宣伝「安い!高精細!急速充電!」日本の皆さんへの熱いメッセージも放送される
  4. 竹田恒泰講演会へのテロ予告を祝福した共産党・柴野あすか市議 削除→謝罪も前川喜平の講演会を固定ツイートにしたままで再炎上
  5. 森ゆうこが記事削除を要請?第三者介し「大変なことになる」→音喜多駿「削除しない、理事会で時間通りと確認されたいう主張もごまかしだった」
  6. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠→「10枚来た」初鹿明博議員の支持者(後援会長か?)「お世話になりました」
  7. 【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす
  8. 長尾たかし議員が暴露!「民主政権の桜を見る会、後援会固めに使うよう党本部から指示があり招待者リストを出した」
  9. 【動画】桜を見る会 民主党政権の議員推薦枠を立民・福山幹事長が認める「数名の議員に対する枠があったと聞いた」
  10. 虎ノ門スタッフが森ゆうこ議員に直撃!スタッフ「高橋教授のあれ、アメリカ時間では?」森「わかんなーい。」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

最近の投稿

PAGE TOP