野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」


野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」

 国民民主党副代表の津村啓介衆院議員が衝撃の投稿をしている。
 津村氏は15日、国会でのモリカケ疑惑追及について「情報番組のディレクターから「テレビで流すので国会で取り上げてほしい」との要望もあったようです。」「視聴率がほしいテレビ局と、番組ディレクターとつるんでテレビに映りたい政治家の共同作業だと思います。」とツイッターに投稿しているのだ。

野党議員がモリカケで重要証言「番組DからTVで流すので国会でやってほしいと要望あった」「国会での疑惑追及?テレビ局とテレビに映りたい政治家の共同作業」
モリカケは、長期政権の弊害が分かり易く可視化されたので視聴率が取れ、情報番組のディレクターから「テレビで流すので国会で取り上げてほしい」との要望もあったようです。実際は、衆参300人近い野党議員のうちモリカケを扱う議員はピーク時でも1割未満。今は一桁。テレビの印象大ですね。出典

野党議員がモリカケで重要証言「番組DからTVで流すので国会でやってほしいと要望あった」「国会での疑惑追及?テレビ局とテレビに映りたい政治家の共同作業」
国会での疑惑追及?視聴率がほしいテレビ局と、番組ディレクターとつるんでテレビに映りたい政治家の共同作業だと思います。与野党を問わず、大半の国会議員は疑惑追及など年に一度もせず、政府の政策をチェックするか、自分なりの政策提案をしています。テレビの見過ぎ。ツイッターをご覧あれ。出典

 テレビ局が野党議員に依頼して政局を作っていたのなら放送法にも抵触する。
 関係した議員は辞職必至だ。

スポンサーリンク

仕組まれた思想弾圧とメディアの闇

 これまでの調査では少なくとも森友問題は思想弾圧のために画策されたものであることは判明している。2017年3月に当サイトが発見した動画では森友問題を最初に取り上げた木村真豊中市議が「極右の学校、潰したかっただけ」と自白している。そこには社民党の福島瑞穂参院議員と服部良一元衆院議員、さらに辻元清美衆院議員の元秘書も同行している。


関連:動画流出!木村市議「極右の森友潰したかった」福島瑞穂と辻元清美元秘書も立会い

 加計問題でも当サイトが調査し民進党(当時)の高井たかし議員が石破茂地方創生大臣(当時)に省庁説得を要請していることを報じたがメディアは一切取り扱おうとしなかった。
関連:証拠動画公開!加計学園問題、民進党の高井たかし議員が内閣府に説得要請していた

 モリカケ問題が野党議員らによって仕組まれたものであることは判明していたが、今回の津村議員の証言でテレビが野党議員と結託して政局を作り上げていたこともわかった。これは第二の椿事件である。

関連:【祝】自由党・森ゆうこ議員が結婚指輪をマスコミに披露、籠池被告と接見後の会見で女優気取りか?
関連:テレ朝の椿事件や民主の「電波止めるぞ!」で電波は止まったか?
 

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせBuzzFeedの「私は在日3世」は捏造だった!都合の悪い部分「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」をカットしてつなぎ合わせ

東京新聞・望月記者「輸出管理強化で韓国からの訪日客が減った」菅長官「逆に中国から11%も伸びてるので問題なし」東京憶測新聞・望月記者「政府は大きな被害は出ないと関係閣僚会議を見送った!」菅長官「会議は発災前から5回も開催してるけど?」




最近の記事

  1. 共産党が議員のセクハラ隠蔽!市議団が消滅→同日の国会・吉良よし子「萩生田大臣!就活セクハラは泣き寝入りよ!」
  2. 検証「安倍総理、秘書官時代にジャパンライフ会長が外遊に同行」→テレ東の捏造と判明!国会議事録を切り貼りつなぎ
  3. ジャパンライフの「お中元リスト」野党議員10人の名前を削除して公開、日刊ゲンダイが共産党の隠蔽工作に協力か?
  4. 枝野氏、立民・国民・社民の合流打診→維新・松井代表「自分たちのための野合談合、公約なんてあってないようなもの、政治的信念がない」
  5. 共産党の西東京市議が役所内で赤旗の勧誘や集金→市長「現状を改める必要がる」→共産党「憲法ガー!」
  6. 医師の背中に巨大な蛾!?ツイッターで話題になるもフェイク画像と判明!その正体と手法は?
  7. 中村哲さん死亡でアベガー陰謀論→活動家「また埼玉が狙われた。先月、下関市で安倍批判→殺された」埼玉出身の中村哲さんは同姓同名の別人
  8. ポチっとな!立憲民主党の勝部けんじ議員、本会議で投票ボタンを押し間違い→日米貿易協定に賛成してしまう
  9. ちくわ一揆!れいわ新選組「のり弁のちくわが半分に、消費増税の悪影響」→ほっともっと公式「ちくわの大きさを変更した事実はございません」
  10. スクープ動画!マスコミ関与のジャパンライフ資料を共産党が隠蔽か「微妙なもので配布できない」→別の野党議員が配布するも無かったことに



最近の投稿

PAGE TOP