共産党の吉良よし子さん、過労死遺族の集会出席者に「キラキラマーク」を付けてしまう

SNS

共産党の吉良よし子さん、過労死遺族の集会出席者に「キラキラマーク」を付けてしまう

 日本共産党の吉良よし子参院議員は6日、NHKで過労死した佐戸未和さんのご両親も同席した集会「未和さんの死が問いかけるもの」に参加、その様子をツイッターに投稿した。
 参加者の顔に「キラキラマーク」を付けるセンスが恐ろしい。


自分を客観的に見れないタイプ

 自身の名前にちなんで「キラキラ」と言うワードを愛用し、スマホのマークでもこれが第一候補に表示されるのだろうが、それにしてもセンスがない。過労死に関する集会の報告でこのようなマークを使うことに抵抗がないのだろうか?
 それでなくても人様の顔を加工する際には失礼が無いように気を遣うものなんですが・・・

 客観的に自分を見ることができていれば、こんな恥さらしなことはできないのだが、片っ端からデモや集会に参加して「私を見て!」と言うアピールばかり。
 この人は、あいちトリエンナーレの『表現の不自由展』を巡っても「政治介入ぜったいさせるな!」と言うデモに"政治家"として参加してしまう残念なひとでもあるので、集会参加者の顔にキラキラマークを付けることなど気にもしないのでしょう。

関連:【表現の不自由展】共産党・吉良よし子「政治介入ぜったいさせるな」デモに参加!←国会議員の介入はいいのか?
関連:日本一早い公選法違反!共産党が来年夏の参院選選挙活動を開始、小池晃が吉良よし子の再選を呼び掛ける

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で