テレビ局の捏造!表現の不自由展で再開「賛成」の女性が暴行された→実際は再開「反対」の女性が暴行されていた!東海テレビは削除して謝罪


テレビ局の捏造!表現の不自由展で再開「賛成」の女性が暴行された→実際は再開「反対」の女性が暴行されていた!東海テレビは削除して謝罪

 あいちトリエンナーレで展示再開された『表現の不自由展』を巡り、再開に賛成するプラカードを持った女性に暴行したとして名古屋市の男が逮捕されたいうニュースがながれたが、これがマスコミによる捏造ではないかと言う指摘がある。現地の状況をSNSでリポートしていたアカウントからだ。

これを報じた東海テレビとFNN(フジテレビ)はニュース記事を既に削除している。以下は東海テレビが「再開賛成派が暴行された」と報じた記事。

女性はこの日再開したばかりの「表現の不自由展・その後」の再開に賛成する趣旨のプラカードを持っていて、女性自身の通報により駆けつけた警察官が男の身柄を確保したということです。
2人は面識がないということで、男は調べに対し、「プラカードを左手ではたいたことは間違いありませんが、女性が私の顔にプラカードを近づけてきたからです。女性がケガをしたということですが、納得できません」と、容疑を一部否認しています。

東海テレビは謝罪、フジテレビは?

 東海テレビとフジテレビは再開賛成の女性が暴行されたと報じたが、実際は逆で再開に反対する女性が暴行されていたのだ。どちらも記事は削除している。
東海テレビが削除した記事URL
フジテレビが削除した記事URL
 記事を削除したいずれの局も「再開賛成に女性が暴行された」と言う趣旨であったが、他の局などは「プラカードを持った女性」としており賛成とも反対とも書いていない。それらの記事は削除されていないようだ。



 ここまではっきりと対応が分かれていれば事実は「再開反対の女性が暴行された」とみるのが妥当だろう。天皇陛下の写真を燃やされ踏みつけられることに反対した女性が暴行を受けたのに、それを逆に伝えるという悪意しか感じられない報道姿勢。東海テレビは謝罪しているようだが、フジテレビもしっかりと説明責任を果たすべきだ。

関連:【表現の不自由展】共産党・吉良よし子「政治介入ぜったいさせるな」デモに参加!←国会議員の介入はいいのか?
関連:全文掲載!トリエンナーレ検証委員会が津田監督を断罪「芸術の名を借りた政治プロパガンダ」「ジャーナリストとしての個人的野心を優先させた」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

東京新聞・望月記者「関電に関連して」からの「森友加計ガー!」菅長官「事案が全く違います。勘違いしてらっしゃるのでは?」東京新聞・望月記者「関電に関連して」からの「森友加計ガー!」菅長官「事案が全く違います。勘違いしてらっしゃるのでは?」

立憲民主党に特大ブーメラン!福山幹事長が否定した「台風被害拡大中のゴルフ」芝博一参院国対委員長が参加認める立憲民主党に特大ブーメラン!福山幹事長が否定した「台風被害拡大中のゴルフ」芝博一参院国対委員長が参加認める

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP