大村知事の法的措置検討にタンバリン芸人「片方のみをヘイトだと弾圧する。 こういう人を独裁者というのでしょう」


大村知事の法的措置検討にタンバリン芸人「片方のみをヘイトだと弾圧する。 こういう人を独裁者というのでしょう」

 日本第一党(桜井誠党首)がウィルあいちで開催した『日本人のための芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019「表現の自由展」』について、愛知県の大村知事が「ヘイトスピーチにあたる」として法的措置が講じられるか検討するよう指示したことが報じられている。
参考:反移民の催し「明確にヘイト」 大村知事、法的措置も:朝日新聞デジタル

 これに対しタンバリンマスターのGONZOは朝日新聞記事を引用し、大村知事が表現の不自由展を容認しながら日本第一党のトリカエナハーレをヘイトとして弾圧しているとして「こういう人を独裁者というのでしょう」とツイッターに投稿した。


日本人へのヘイトも解消しなければ

 さらにGONZOは、表現が規制される根拠としてヘイトスピーチ解消法が利用されていることに「違いがよくわからない」として、日本人に対する差別的言動も解消する法律も作らなければならないと主張している。

 ヘイトスピーチ解消法に対する賛否はあるが、理念法で罰則規定もなく国だけでなく自治体にもヘイトスピーチ解消の対策に努めるよう求められており、首長が同法を都合よく解釈して反対する政治主張の弾圧に利用する危険性もある。あいちトリエンナーレでは同法の基準が度々議論の俎上に上がり「本邦出身者」へは適用されないとして表現の自由の範疇とされた。一方、日本第一党の展示に対しては「本邦外出身者へのヘイトスピーチ」として市民団体だけでなく大村知事も中止するべきだったというスタンスだ。

 これでは表現の自由の定義がヘイトスピーチ解消法に乗っ取られたようなものだ。ヘイトスピーチが許されないというのは当然だが、同時に天皇に対する侮辱や憎悪表現を表現の自由と認めるのは矛盾しているのではないか。

関連:高須院長が大村秀章知事にブロックされる!昭和天皇の写真を投稿しただけでブロックされた事例も
関連:野党メンバー「あいちトリエンナーレ」補助金不交付問題で愛知県庁を調査←何の成果も得られずただの観光旅行に

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【動画】東京新聞・望月記者に菅官房長官ついにキレる 望月「文科省への質問でも長官が答えろ!官邸の意向が働いてるのか!」→菅「全くありません!(怒)」【動画】東京新聞・望月記者に菅官房長官ついにキレる 望月「文科省への質問でも長官が答えろ!官邸の意向が働いてるのか!」→菅「全くありません!(怒)」

読売新聞、記者が取材していない自治体担当課のコメントを想像で書くガチ捏造が発覚!→朝刊でお詫び掲載読売新聞、記者が取材していない自治体担当課のコメントを想像で書くガチ捏造が発覚!→朝刊でお詫び掲載

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP