読売新聞、記者が取材していない自治体担当課のコメントを想像で書くガチ捏造が発覚!→朝刊でお詫び掲載


読売新聞、記者が取材していない自治体担当課のコメントを想像で書くガチ捏造が発覚!→朝刊でお詫び掲載

 25日の読売新聞富山県版朝刊に掲載された、SNSを使って観光や行政の情報を発信する富山県内の自治体の取り組みをテーマにした記事で、富山県広報課、魚津市・小矢部市の担当課のコメントとされた部分が、取材をせず富山支局の24歳の男性記者が想像で書いた捏造だったことが判明した。29日付けの朝刊でお詫びを掲載した読売新聞は今後、同記者の懲戒処分や上司の監督責任を問うとしている。

この際、県広報課の「内容が派手な動画や写真に負け、なかなか見てもらえない」という談話のほか、魚津市や小矢部市の担当課の談話を取材をしないままねつ造していたということです。

県からの指摘でねつ造が発覚し、男性記者は「記事を早く出したかった」などと話しているということです。
出典:読売新聞記者 自治体の談話をねつ造「重大な記者倫理違反」| NHKニュース

スポンサーリンク

マスコミ得意の「関係者」も怪しい

 これはバレる。県から指摘され発覚したようだが、取材を受けた媒体を職員が確認するのは容易に想像できたことだが、この記者は「記事を早く出したかった」と理由を説明している。締め切りに追われやけくそになった可能性もあり、支局の職場環境も調査する必要があるだろう。

 このケースは当然のように発覚したが、マスコミ得意の「ある関係者」「政府関係筋」なども実際に取材していない可能性がある。昨日も共同通信が配信した日韓関係に関する記事も情報源が「複数の日韓関係筋」とされたが、日韓両政府が報道を否定している。
参考:【動画】徴用工問題で基金創設合意案との報道 菅官房長官が否定「そのような事実はありません」

 ジャーナリストは情報源を命に替えても守らなければならないが、それをいいことに関係者などのコメントを捏造しているケースは少なくなさそうだ。

関連:共同通信が韓国外務省のデマ拡散?「日韓、徴用工合意へ検討着手」自民・中山泰秀議員「ありえへん!」外務省に確認
関連:朝日新聞記者を停職2ケ月「盗用の意図ないが事実上の盗用」「紙面への信頼傷つけた」←信頼は元から無い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

大村知事の法的措置検討にタンバリン芸人「片方のみをヘイトだと弾圧する。 こういう人を独裁者というのでしょう」大村知事の法的措置検討にタンバリン芸人「片方のみをヘイトだと弾圧する。 こういう人を独裁者というのでしょう」

何もできないはずのチュート徳井さん、NHKの受信料だけは払っていた!だれも集金人からは逃げられないのか?何もできないはずのチュート徳井さん、NHKの受信料だけは払っていた!だれも集金人からは逃げられないのか?





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP