【動画】東京新聞・望月記者に菅官房長官ついにキレる 望月「文科省への質問でも長官が答えろ!官邸の意向が働いてるのか!」→菅「全くありません!(怒)」

【動画】東京新聞・望月記者に菅官房長官ついにキレる 望月「文科省への質問でも長官が答えろ!官邸の意向が働いてるのか!」→菅「全くありません!(怒)」

 29日午前の官房長官記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者の無礼な態度と憶測質問に対して菅義偉官房長官が語気を強めて答える場面があった。
 菅長官は、望月記者が文科省に関連する質問をしたことに対し「文科大臣の所管ですから」と丁寧に答えたが、これに対し望月記者が「まあ、文科大臣所管と言っても官房長官の立場でお答えいただきたい」と小ばかにしたような口調で話し始め長官は思わず噴き出した。さらに質問を続ける望月記者は「(文科省に)官邸の意向が影響しているのか」と憶測で質問。これにはさすがの官房長官も「全くありません!」と強く否定し不快感を隠せないようだった。


受け売り文章に「官邸が」を付け加えるだけ

 望月記者は文科大臣所管の案件を「政府として強行するのか」と的外れの質問をしている。所管大臣の会見を確認せず官房長官会見で質問するのはいつものことで、これまで何度も注意受けているにもかかわらず全く改善される様子もない。後半の質問に関しても、出典元を示さず「識者」の見解を読み上げたうえで「官邸の意向が影響しているのか」と憶測を付け加えて質問するという記者にあるまじき質問作法。出典を明かさないまま他人の文章や発言を無断で引用し、そこに「官邸が」という憶測を付け加えるだけの簡単なお仕事だ。

 望月記者が問題視している文科省の問題も、萩生田大臣が週に2回程度は会見を開いているのだから出席するなり同僚記者に質問を託せばいい。望月記者がクローズアップされて以降、まるで官房長官会見だけが諸問題について質問する場かのような誤解が広まっているが、各省庁で個別に大臣が会見をしているのだから担当大臣の見解を優先的に取材して報じるべきだ。

 記者としての基本がなっておらず、知識的にも他人の受け売りばかりで自分では勉強しない。東京新聞はこんな記者モドキを放し飼いにしておいて恥ずかしくないのだろうか。

関連:東京憶測新聞・望月記者「政府は大きな被害は出ないと関係閣僚会議を見送った!」菅長官「会議は発災前から5回も開催してるけど?」
関連:東京新聞・望月記者がデマ拡散「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」削除逃亡←ネットの轢き逃げ

 


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で