河井法相辞任に国民・津村啓介「私の仕事はルール作りとその見直し、誰かを批判することに終始したくない」←新聞ではカット、批判コメントのみに


河井法相辞任に国民・津村啓介「私の仕事はルール作りとその見直し、誰かを批判することに終始したくない」←新聞ではカット、批判コメントのみに

 妻である河井案里参院議員の公選法違反報道を受け法相を辞任した河井克行衆院議員について、中国新聞にコメントした国民民主党の津村啓介衆院議員の発言内容が、約束に反してカットされ批判のみの内容にされていることが判明した。


スポンサーリンク

津村氏と新聞報道の比較

 津村氏はコメントを求められた際に以下のように記者に伝えたという。

「公選法も時代遅れ。私の仕事はルール作りとその見直しなので、誰かを批判することに終始したくない。コメントを使って頂けるなら短くてもいい。『公選法も見直すべき』と必ず書いてほしい」

 しかし、中国新聞の紙面では以下のような批判コメントのみだ。

津村啓介氏(比例中国)は「法律をつかさどる大臣がルール違反をするのは弁護の余地がない」と批判した。
出典:河井法相辞任、「夫婦で説明責任を」 厳しい見方、与野党一致 | 中国新聞デジタル

 新聞はネット記事と違い文字数にも限界もあるので仕方ない部分もある。しかし、津村氏はコメントを使うなら『公選法も見直すべき』と必ず書いて欲しいと伝えているのだから、多少の配慮はあってもよさそうだ。紙面では文字制限のあるコラムではなかったようだし、ほかの議員の批判コメントと横並びにする「紋切り型の編集」という指摘は免れないだろう。

選挙の場にも働き方改革を

 公選法上のウグイスの日当1万5千円という金額が、アナウンスのプロに依頼する金額としては低すぎ仲介業者からは、この金額では困難だという声もあるようだ。今回の件は報道の通りなら批判されるべき事案であるが、実際に参加した運動員はフジテレビの取材に対して経費の費用弁償だったという趣旨の証言もしている。
 津村氏のコメントのように、国会議員がすべきことは個人への批判ではなく「ルール作りとその見直し」というのは筋が通っているのではないだろうか。

関連:野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」
関連:国民民主・津村啓介「有権者をブロックしていたら政治家は務まりません」→鈴木まりこ「ふざけんじゃないよ!綺麗事は政治だけにしろ!」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

野党支持者の敗北 菅官房長官の食べた3000円のパンケーキが大人気!批判に負けず売り上げは10倍に野党支持者の敗北 菅官房長官の食べた3000円のパンケーキが大人気!批判に負けず売り上げは10倍に

ソウル便搭乗率維持のため愛媛県幹部が職員に自費で搭乗するよう依頼→職員「なぜ私費で行かなくてはいけないのか」ソウル便搭乗率維持のため愛媛県幹部が職員に自費で搭乗するよう依頼→職員「なぜ私費で行かなくてはいけないのか」





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP