検証!沖縄タイムスの「奇跡の龍柱と話題」は捏造か?全く話題になっていないとの指摘相次ぐ→ネタ元判明も残る疑問


検証!沖縄タイムスの「奇跡の龍柱と話題」は捏造か?全く話題になっていないとの指摘相次ぐ→ネタ元判明も残る疑問

写真:沖縄タイムスが掲載した「奇跡の龍柱」

 沖縄タイムスが3日朝に配信した記事「首里城の龍柱 猛火のひび割れに耐えた SNSで「奇跡」「希望」 美術工芸品は全焼免れる」が、同紙の創作ではないかという指摘がなされている。

再建の象徴 SNSで話題 焼け残った大龍柱

 全焼した首里城正殿の前で焼け残った大龍柱2体が会員制交流サイト(SNS)などで「奇跡の龍柱」「希望の龍柱」とたたえられ、「再建のシンボル」と期待の声が上がっている。関係者によると、火災でひび割れなどの被害が確認されており、詳しい調査が必要な状態という。
出典:首里城の龍柱 猛火のひび割れに耐えた SNSで「奇跡」「希望」 美術工芸品は全焼免れる

 この話題について「奇跡の龍柱」で検索しても沖縄タイムス記事配信以前の投稿は一件もヒットしない。これにより、SNSでは「どこで話題?」「聞いたことがない」と記事の信ぴょう性を疑う声が複数の人物から上がっている。
 そこで当サイトで検証してみたところ、この記事の元ネタと思われる投稿を発見した。

スポンサーリンク

元ネタ「龍柱は奇跡的に残っている!!」

 当サイトで関連する投稿をツイッターで探してみたが、どうやら「奇跡の龍柱」の元ネタは「龍柱は奇跡的に残っている!!」という11月1日の投稿のようだ。

 しかし、これが「会員制交流サイト(SNS)などで「奇跡の龍柱」「希望の龍柱」とたたえられ、「再建のシンボル」と期待の声が上がっている。」という程の事かという疑問は残る。最初の投稿もバズっているといえるほどのリツイート数ではなく、記事を執筆した段階ではもっと少なかったはずだ。
 「奇跡 龍柱」という言葉自体はこの2件以外になく「希望 龍柱」に関してはツイッターで1件のみで拡散も全くされていない。また「再建のシンボル」という投稿は見つけることができなかった。

検証結果→「盛っている」

 元ネタがある以上、創作や捏造というわけではないが「再建のシンボルとしてたたえられ、期待の声が上がっている」という部分は沖縄タイムスが作った可能性が高い。投稿者が沖縄在住で同紙の記事を頻繁にリツイートしていることから、記者の目に留まったのかもしれないが、ちょっと話を盛りすぎだ。
 そもそも龍柱は石の彫刻であり、火災で残ったことを「奇跡」と呼べるのかも疑問だ。猛火でひび割れが入っているというが、上から荷重がかかっている構造物ではないので倒れることもないだろう。

 見方によっては「フェイクニュース」という判定もありそうですが、当サイトしては「盛ったな?タイムス」という判定です。

関連:下衆の勘繰り!政府の首里城再建支援に沖縄タイムス「選挙苦戦の沖縄で県民の理解引き出す思惑」野党「辺野古や選挙対策の狙いもあるのではないか」
関連:河野太郎大臣「沖縄県の協力あれば辺野古移設のコスト下げられる」→沖縄タイムス阿部岳記者「強盗ガー!」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

わがまま?環境少女グレタさん移送のためスペインが無敵艦隊を派遣か?飛行機を拒否して世界に迷惑をかけるわがまま?環境少女グレタさん移送のためスペインが無敵艦隊を派遣か?飛行機を拒否して世界に迷惑をかける

ダメだこりゃ??神戸イジメ加害教諭「あれがイジメか、冗談やろ。いつまで騒動が続くんや。外にも出れない」ダメだこりゃ??神戸イジメ加害教諭「あれがイジメか、冗談やろ。いつまで騒動が続くんや。外にも出れない」





最近の記事

  1. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  2. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  3. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」
  4. 【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由
  5. ノザキのコンビーフ転売に公式「まだ在庫ある。転売品買わないで」→定価以下でも売れなくなり転売ヤーが在庫抱える
  6. 立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ
  7. 東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス
  8. 東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
  9. 【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国共産党のお友達に教えてもらった模様
  10. 【日本共産党】3年で党員の5%が死亡と発表、党員減少の主因は老衰か?



最近の投稿

PAGE TOP