削除逃亡!前川喜平「安倍事務所がニューオータニ幹部を脅し5000円でできると発表させた」時系列から虚偽と判明


削除逃亡!前川喜平「安倍事務所がニューオータニ幹部を脅し5000円でできると発表させた」時系列から虚偽と判明

 元文科事務次官の前川喜平氏が20日、桜を見る会前夜祭について「金曜日に広報担当の幹部らが安倍事務所に呼び出され、「5000円で受注することもある」とメディアに発表しろと官房長官のスタッフに脅された。」とツイートしたことが話題となっている。投稿はすぐに削除されたが、当サイトの取材と報道の時系列から完全な虚偽であることが判明した。
削除逃亡!前川喜平「安倍事務所がニューオータニ幹部を脅し5000円でできると発表させた」時系列から虚偽と判明

追記:前川氏は文春の記事内容をリークされツイートした可能性が高い。翌日発売の文春に似た内容が掲載されているが、その文春も同じ時系列のミスを犯している。

ホテル側の取材は木曜日

 前川氏は知人から聞いた話として、ホテル側が安倍事務所から脅されたのは「金曜日」だとしている。
削除逃亡!前川喜平「安倍事務所がニューオータニ幹部を脅し5000円でできると発表させた」時系列から虚偽と判明

 ニューオータニ広報が「5000円で受注することもある」とTBSの取材に答えたのは14日木曜日である。この時点で金曜日に呼び出され伝えられたというのが虚偽だとわかる。

 この翌朝に当サイトがホテルに取材し、このTBSで報じられた「5000円でも可能」についても質問している。TBSが木曜日に取材し報道、金曜日午前には当サイトの取材を受けているのに「金曜日」に脅されこう答えたと言うのか?
 前川氏はこのあたりの矛盾に気が付き慌てて投稿を削除したのだろう。

安倍事務所に官房長官スタッフ?

 おかしな点は時系列だけではない。
 前川氏はツイートで「広報担当の幹部らが安倍事務所に呼び出され」「官房長官のスタッフに脅された」としているが、安倍事務所は野党国会議員と同様に議員会館にあり記録が残る。同じフロアには国民民主党の平野博文幹事長や共産党の宮本徹議員の事務所もあるのに、そこへホテルの幹部を呼べばすぐに発覚する。議員会館に常駐する事務所スタッフらは当該ホテルの顔なじみばかりだからだ。
 これが安倍事務所のスタッフが別の場所に呼び出したとして、マスコミの目をかわしてどこで会えるというのだろうか。ましてや議員会館の安倍事務所は衆議院議員としての事務所で、官房長官のスタッフは官邸スタッフだ。党と政府は全く異なる組織であり、隠密で官邸が動くなら足が付きやすい衆議院議員事務所を介さない。

結論 悪質なデマ

 本記事で説明した通り、前川氏のツイートは悪質なデマである。報道の時系列からして、ホテル側は当初から「5000円でも受ける」と説明していたが、オールドメディアが故意にそれを隠してきたのだ。これについては当サイトが15日にホテルに確認しているが、夕刊フジが再取材しホテル側も同じ証言をしている。
参考:「よくわかっている先生、野党にもおられるはず」 ニューオータニ側が明かす「領収書」と「明細書」- zakzak:夕刊フジ公式サイト

 前川氏は元文科事務次官であり官邸にも足を運んでいる。出会い系バーの問題では官房副長官から直接注意を受けるなど官邸には詳しいはずだ。一般人は簡単に騙せると思ってツイートしたのだろうが、思いのほかの反論を受けて焦っているのだろう。
 ツイートには特定企業の名前も含まれており、重大な名誉棄損となる。
 前川氏は納得のいく説明と謝罪をするべきだろう。

関連:スクープ!前夜祭のホテル「野党に見積書は出してない」→議員事務所が別件での見積もり入手を認める「最低1万円」もマスコミの捏造と判明
関連:桜を見る会前夜祭2019年の領収書 参加者「入り口で5000円払い、ホテルからの領収書と引き換え」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

領収書偽造疑惑に前原誠司「当時は認められていました」→百田尚樹「認められた時代なんて日本にねえよ!」領収書偽造疑惑に前原誠司「当時は認められていました」→百田尚樹「認められた時代なんて日本にねえよ!」

【動画】国会で暴言!国民・篠原孝「被災地の大臣視察に自分も呼べ、選挙区だ!狂ってると思う」←武田大臣がマジ切れ、今井絵理子が震える【動画】武田大臣がマジ切れ!国民・篠原孝「被災地の大臣視察に自分も呼べ、私の選挙区だ!狂ってると思う」今井絵理子も震える

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP